【がん保険】三井住友海上あいおい生命 &LIFEがん保険スマートのメリットとデメリットをご紹介。

2018年9月2日に新しく発売になったのが三井住友海上あいおい生命の「&LIFE ガン保険スマート」です。さまざまなガン治療を一生涯サポートする保険として、診断・入院・手術・通院・抗がん剤治療など幅広く保障されます。
ガンと診断されたときに出る一時金は1年に1回と制限がゆるく、しかも再発や転移で入院したときも給付される仕組みになっています。

 

1.保険料例

<保障内容>
保険期間・保険料払込期間:終身
主契約:入院日額1万円
特約:ガン診断給付特約(一時金100万円)、ガン通院治療給付特約、抗がん剤治療給付特約(月10万円)、ガン退院療養給付特約(20万円)、ガン死亡保障特約(100万円)、ガン先進医療特約

ちなみに、40歳女性の場合の月額保険料として
主契約のみの契約では60歳払で2,500円です。同じく主契約のみの契約で終身払では1,330円未満となり、保険料が1,500円を下回ると契約できません。
月の負担をさらにおさえたい方にとっては少し不便を感じるかもしれませんね。

 

2.&LIFEガン保険スマートのしくみ

主契約は入院や手術をしたときの保障。それ以外は特約です。

解約返戻金は保険料の払込期間中に解約した場合にはありません。保険料払込期間が保険期間より短い契約については保険料払込満了後、すべての保険料を払い込んでいる場合のみ解約返戻金を受け取ることができます。その際の解約返戻金はがん入院給付金日額の10倍です。(ex:入院日額1万円のとき、解約返戻金10万円)

 

 

 

特約の保険期間と保険料払込期間は主契約と同じです。

 

主契約の取り扱い規定 
契約年齢範囲0歳~85歳
保険期間終身
保険料払込満了年齢15歳~75歳(5歳刻みで設定可能)、79歳、終身
がん入院給付金日額の範囲5,000円~40,000円(1,000円単位)

保険料の払込期間が15歳~75歳まで5歳刻みで設定できるので、収入に合わせて調整しやすいのも嬉しいですね。

3.知っておきたい特徴

メリット

”ガン診断給付金” は1年に1回を限度に何度でも!しかも再発や転移による入院でも保障!

スマートのように1年に1回を限度に何度でも保障されるというのは他に多くありません。そして転移の可能性も少なくないですよね。たとえばはじめてガンと診断確定されたとき、その後1年以上経過してガンの転移が見つかり再入院なんていうときも一時金が受取れます!一時金で受取れる給付金は色々なガン治療に充てられるので使い勝手が良い特約です。

”ガン診断給付金” や “抗がん剤治療” など上皮内ガンも同様に保障

上皮内ガンは保障の対象にならないとしているガン保険も多いのですが、こちらでは普通のガンと同じように保障されます!診断給付金や抗がん剤治療などの各治療を受けたとき、何の制限もなくです!ごくごく早期の上皮内ガンでも同じように給付を受けられるとなると早期発見の意欲も高まりますし安心して治療が受けられますね。


ガンの治療で先進医療を受けたとき、技術料のほか交通費・宿泊費(1万円まで)を受取れる

多くの保険会社でもガン先進医療の保障制限は保険期間通算2000万円です。そこは同じなのですが、スマートがすごいのは交通費と宿泊費も1泊につき1万円を限度に出ます!先進医療の施術機関は遠方にあることも珍しくないので、交通費と宿泊費を保障してもらえるとなると高度な治療も受けやすくなりますね。

入院してもしなくても支払日数無制限で通院を保障

医療保険では入院が伴わない通院は保障されないことが一般的ですが、スマートは入院した・しないに関係なく保障されます。保障日数に制限がないので通院による治療を主にしている方にとっても安心です。また、一般的なガン治療のほかホルモン療法・免疫療法・緩和療法などで通院したときにも保障されます。

デメリット

主契約が入院保障

ガンになった時の入院保障が足りない方にとっては良いのですが、医療保険を準備していて入院保障が充分に足りている人にとっては保障が重複してしまい、その分の保険料も負担です。そして入院日額を最低5,000円付加しなければこのガン保険を契約することはできないのが残念。ガン診断一時金はガンになったら必ず使う保障です。なのでガン診断一時金が主契約の保険だと、入院保障はいらない方でもムダなく契約できます。

治療方法によって保障が分かれている

がんと診断された時点でまとまったお金が給付されるシンプルな保険と違って、治療方法ごとに保障が分かれています。そのためどの治療が保障の対象になるのかわかりづらかったり、自由に治療に給付金を当てられない不便さがあります。ここでもガン診断一時金であれば治療方法に関係なく一時金を受け取れるのでメリットがありそうです。

 

保険料払込免除特約がない

保険料払込が免除される特約がないので、たとえば高度障害や三大疾病で特定の状態になっても保険料は払込満了まで支払い続けなければいけません。そのような状態になったときの医療費と保険料が負担になってしまうことを考えると保険料払込免除特約があるとより安心です。

保険料が1,500円未満では契約できない

月保険料の負担を抑えたいと思っても保険料が1,500円未満になると契約できません。もしそれでも契約したいときは特約をさらに付けるか、保険料の払込期間を短くする方法があります。不要な保障を増やすよりは払込期間を短くして調整すると、支払総額が安くなるのでおすすめです。

 

4.まとめ

主契約が入院になっているので、ほかに契約中の保険で準備している入院保障が不足だと感じている人にとっては選択肢のひとつとしてありだと思います。同様の保険と比較すると保険料は少し高めかなといった印象ですが、上皮内ガンも一般のガンと同じように保証してくれるのはありがたいところ。ただし治療内容によって保障が分かれているので、がんの治療であれば何でも対応できる診断給付型の保険は特におすすめです。