【がん保険】FWD富士生命 新がんベスト・ゴールドαのメリットとデメリット がん保険をえらぶポイント

ガン保険のなかでもFWD富士生命は従来から人気です♪ “新がんベスト・ゴールドα” は2018年に内容が修正され、保険料も安くなりました!「ガン診断給付金が主契約になっているガン保険はないかなぁ~」と探してたところ思わずびっくりしたのがこのがん保険です。保険料が安いだけじゃない!特約も充実していて診断後も2年に1度、無制限で一時金が受取れるんです!しかもガンと診断確定されたら保険料の払込が免除されて保障は続くという・・・まさにかゆいところに手が届くガン保険です!入院や手術の保障が主契約になっているガン保険とは違いムダがないうえに使いやすく、その他の生活習慣病の保障がないので保険料が安く抑えられています。ガン保障のみの保険を探している方には特におすすめしたい商品です

FWD富士生命 新がんベスト・ゴールドα

 

保険料例

<保障内容>
保険期間・保険料払込期間:終身
主契約:ガン診断給付金
特約:ナシ

 


ガン診断一時金がある保険には3大疾病が保障されるものもありますが、ガンの保障だけほしい方にとっては余計な保障がない分ムダがなく保険料を安く抑えることができます。

 

1.新がん保険ベスト・ゴールドαのしくみ

 

2.知っておきたい特徴とメリット

<主契約>

①悪性新生物診断給付金
初回はガンと診断確定されたとき、その後の再発・転移・継続治療なども2年に1度、回数無制限でカバーできます!

 

・がんと診断されたら保険料払い込み免除
ガンと診断された後、保険料の払込をしなくても保障がずっと続きます!

他社さんでもたまにありますが、これってすごくないですか?ガンに罹患した方にとってすごく心強いことだと思いますもん。よりお金の不安なく治療に専念することができますね。

 

<特 約>

②悪性新生物初回診断一時金特約(選択:50・100・200万円)
初回のみ、ガンと診断確定されたとき主契約に上乗せで受取ることができます。
※一時金は主契約と合算して300万円が限度です。

主契約①の保障を増やすと保険料が高くなってしまいますが、初回の診断給付金のみを増やすことで保障は手厚く、保険料は抑えることができます。ガン患者の半数近くが診断時とその後で「収入が減った」と答えている現実もあるので、”生活費” “住宅ローン” “教育費” などの補てんにも活用しやすい特約です。

 

③上皮内新生物診断給付特約(選択:20・50万円)

上皮内ガンと診断確定されたとき2年に1度なら回数無制限で受取ることができます。
※主契約①が50万円のとき③上皮内新生物診断給付特約は20万円に限ります。

上皮内がんはガン罹患者の約10%。となると上皮内ガンの保障もあったほうが良さそうです。上皮内ガンでも回数無制限というのもまた嬉しい特約です。

 

④がん先進医療特約

ガン・上皮内ガンにより先進医療を受けたとき治療の技術料と同額(通算2000万円)プラスその10%相当額が一時金で受取れます。

たとえば治療に100万円かかったとすると110万円受け取れます。治療費以外の10万円は旅費・宿泊費に充てられるので、遠方でも移動にかかる費用を心配しなくて済みますね!技術料の支払限度額は通算で2,000万円です。

 

⑤がん治療給付特約(1回10・20・30万円)

抗ガン剤や放射線治療を受けたとき、同一月に1回無制限で受取ることができます。

ガンの三大治療のうち抗ガン剤や放射線治療は長期化しやすい治療です。とくに抗ガン剤にかかる費用はピンキリ。医療費は3割負担でも高いものでは1回の投与が7万円というものもありますし、回数無制限で受け取れる安心感は治療を助けてくれます。

 

➅女性がんケア特約(1回10・20・30万円)
卵巣・子宮・乳房など女性特有の部位にガンができた場合支給されます。切除術や再建術に対して回数制限はありますがまとまった金額を受け取れます。

女性を象徴する部位を失ってしまう不安は計り知れません。乳房の再建術は健康保険の適用により30万円程度でできるようになりました。

 

3.デメリット

保険料も安い、保障内容も充実、申込もネットや代理店でできたりと言うことなし!なので、強いていえばという感じですががんばってあげてみようと思います。

 

診断給付金が2年に1度

近年は1年に1度のペースで一時金が受取れる保険もあります。実際短いスパンで転移が見つかったり再入院ということも珍しくありません。2年に1度というスパンでは長いと感じます。

 

4.新がんベストゴールドα 申込方法

ネット、郵送、代理店での申し込みが可能です。

ただし代理店で申し込んだ場合には特約の内容が増えて保険料もいくらか高くなります。たとえば主契約の診断給付金として2回目以降の一時金額が上がるのですが、その分保険料も高くなるためネット販売や通信販売の方が保険料は安く抑えられます。

5.がん保険をえらぶポイント

ガン保険をえらぶときに気をつけていただきたいのは主契約の保障内容です。ガン保険の主契約は診断一時金のみのガン保険をおすすめします。なぜならガンの診断があって各治療が始まるからです。手術や抗ガン剤などの治療はその後。ということは、診断一時金はガンに罹患した場合必ず使う保障です。しかも診断一時金というカタチでまとまった金額を受け取ってしまえば他の治療にも使うことができます。

6.まとめ

新がんベスト・ゴールドαは多くのFPにも人気のガン保険です。他の保険と比べても必要な保障がシンプルに整っているうえに保険料は安く申込方法も選べる!ということで個人的にはかなりおすすめのガン保険です。代理店やネット申込で内容の良いガン保険を探している方はぜひチェックしてみてくださいね
(*^_^*)

FWD富士生命 新がんベスト・ゴールドα