生命保険で非課税!相続税をおさえたいなら死亡保険を活用

平成27年度に相続税法が改正されて、相続税の問題もグッと身近になりましたね。ここでは相続対策としてどうして生命保険が有効なのかをかんたんにお伝えします。

1.相続税ってなぁに?

相続や遺贈によって得た財産に課される国税です。遺贈というのは遺言によって贈与された財産のことです。これらに対してその所得に応じて税金が課されます。
ただし相続財産全額が課税対象ではありません。基礎控除額と非課税財産を引いた金額が課税金額です。その非課税財産のひとつが死亡保険金なんです。生命保険を相続対策に活用することで税金を抑えることができます。

2.非課税財産にできる死亡保険金額は?

非課税財産
非課税財産とはつぎのことをさします。

墓所、仏壇、祭具
国や地方公共団体、特定の公益法人への寄付金
死亡保険金のうち 500万円×法定相続人の数
死亡退職金のうち 500万円×法定相続人の数

非課税財産にできる死亡保険金額は、法定相続人が3人の場合は1,500万円です。

 

相続財産

つぎの相続財産をそれぞれ金銭評価します。

相続財産
みなし相続財産
死亡日から過去3年以内の贈与財産
相続時課税制度適用分

そしてそれぞれの相続財産の種類によって非課税財産を差引きます。

 

基礎控除額
基礎控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

非課税分を差引いた相続財産の合計額からさらに基礎控除額を差し引いて課税相続財産を算出します。

3.死亡保険金で対策するかしないかで変わる課税相続財産

たとえば法定相続人が3人の場合、

<パターン1>
相続財産が6,300万円(うち非課税財産として保険金額1,500万円)とすると

基礎控除額=4,800万円
死亡保険金の非課税財産=1,500万円

控除額は合わせて6,300万円となり、課税相続財産は0円です。

<パターン2>
相続財産が6,300万円(うち非課税財産として保険金額は含まず)とすると

基礎控除=4,800万円

控除額は4,800万円となり、課税相続財産は1,500万円です。

 

4.相続税の金額はいくら?

被相続人(亡くなった人):夫
相続人:妻1人、子2人
とした場合、1,500万円を法定相続分に従って分配すると以下の図のようになります。

妻の課税相続財産は750万円ですが、基礎控除とは別に配偶者控除として相続財産1億6,000万円まで控除されるので無税です。子ども2人の課税相続財産の取得金額はそれぞれ375万円となり、1,000万円以下なので10%ずつ税金が課税され、1人37.5万円の税金を支払うことになります。

 

5.まとめ

意外と負担が大きい相続税は、相続の開始が分かってから10ヶ月以内に支払わなければいけません。金額によってはすぐに準備できないことだってありますよね。なるべく相続税を抑えるために生命保険は有効です。保険金額が固定されている定期保険や終身保険もありますが、保険金額が最低保証されていて、なおかつ運用実績によって増える可能性のある変額保険も活用してみると良いと思います。

The following two tabs change content below.
original life design

original life design

名前:佐藤博美。ファイナンシャルプランナー(AFP)。国内生保に1年と外資系生保に6年勤務。その経験を活かしてムリなくムダなくお金を増やしていくための積立や資産運用、安くてもちゃんと使える保険商品をご案内。お金に困ることのない穏やかな人生を送るための有益な情報を配信中!