【変額保険(有期型)】ソニー生命 バリアブルライフとは 何%で運用できたらお得?

変額保険といえば!代理店でも必ずといっていいほど紹介されるのがソニー生命のバリアブルライフです。バリアブルライフには有期型と終身型があるんですがここでは有期型についてお話しますね。

変額保険(有期型)はこんな方にオススメ!
運用がしたい
運用リスクがあることを理解している
年齢や社会環境に合わせて資産構成割合を自由に変えたい
運用期間が10年以上ある

※変額保険は保障があるから投資信託より損?詳しくはこちら

ソニー生命公式HPより 変額保険有期型(無配当)PDF

1.メリットとデメリット

変額保険のメリットとデメリット
メリット
資産の構成割合を変えることができる
保険料の払込み免除がある(商品による)

スイッチング手数料が月1回または年12回まで無料
相続対策ができる

デメリット
運用リスクがある
必要がなくても保障がつく

最低保険料よりも高くしなければいけない
10年以内に解約するとペナルティ

※変額保険のしくみやメリット・デメリット 詳しくはこちら

 

バリアブルライフのメリットとデメリット
メリット
保険料の払込免除がある
年2回まで運用益を引き出すことができる

年12回まで資産構成割合の変更が無料

デメリット
手数料についての記載がない

【メリット】保険料の払込免除がある

変額保険では保険料の払込をストップさせたいときや、保障を確定させて運用を続けたいときの方法として “払済み” があるんですが、保険料払込免除はそれとは異なります。なんと!所定の状態※になったとき、保険料の払込は運用の分までソニー生命が負担してくれるんです!これには私もビックリです!

※所定の状態とは
病気・ケガで所定の高度障害になったとき
事故により事故日から180日以内に所定の身体障害状態になったとき

【メリット】年2回まで運用益を引き出すことができる

オプションAのプランでは運用が好調だった場合運用益を年2回まで引き出すことができます。これは “保険金額の減額” といって、増えた保険金額を減額することでその分の積立金を引き出せるというものです。「ちょっとおこづかい」なんて楽しみに使うのも良いでしょうし、必要なときに引き出せるのも嬉しいですね。

ただし、引出さない方がその分も複利で運用することができるので、増やしたい方はそのまま置いておくほうが良いと思います。「年2回」というのは1月から12月までではなく、契約年度のこと。契約年度とは契約応当日から翌年の契約応当日前日までです。

【メリット】年12回まで資産構成割合の変更が無料

変額保険の大きなメリットが、それまでの積立金を他の特別勘定に移し替えたり、資産の構成割合を変えることができることです。変額保険では一般的にできることなんですが、ちょっと面白いのは年12回まで無料というところ。極端なはなし、同じ月に12回しても無料です。13回目からは手数料が発生してくるのでやりすぎには気をつけましょう。

【デメリット】手数料についての記載がない

ソニー生命の変額保険全般そうなんですが、どこをみても手数料についての記載がないんですよね・・・。変額保険には様々な手数料があります。そして運用される金額は保障分と手数料を差引いた保険料になるわけです。運用するときや解約するとき、年金で受取るときなど、知っておかないと手続きをするたびに損をすることもあるので契約するまえに知っておきたいですよね。ちなみに、私も何度か確認しましたが、いまだに教えてもらえません。

2.しくみと特徴

バリアブルライフ(有期型)は保険期間のあいだ、死亡保険金額や解約返戻金、満期保険金が運用実績によって増えたり減ったりする保険です。払込んだ保険料は株や債券など複数の資産に分散してプロによって運用されます。

契約年齢:0歳~78歳
保険期間:契約年齢により異なる
保険料払込み期間:契約年齢により異なる
受取り方法:
基本年金年額:100万円~7憶円
最低保険料:月払い 3,000円

バリアブルライフ(有期型)イメージ図

・オプションA(積立機能重視)とオプションB(保障機能重視)

バリアブルライフ(有期型)にある2つのタイプ、積立機能を重視した “オプションA” と保障機能を重視した “オプションB” から選ぶことができます。契約時にオプションBをえらんだ場合は契約後オプションAに変更することができますが、その逆はできません。

オプションA(積立機能重視)
毎日変動
運用実績が3.5%を超えるとオプションAの方がBよりも積立金が増える
年2回まで運用益を引き出すことができる
運用実績によって積立金額と保険金額が毎日変動する

オプションB(保障機能重視)
毎月変動
オプションAよりも変動保険金額が大きくなる
変動保険金額は各月1日に一度変動
運用益を引き出すことができない

・8種類の特別勘定

全体的に積極運用を目指す運用です。

・満期保険金の受取方法は一時金と年金

満期保険金は通常は一時金で受取りますが、 ”5年ごと利差配当付年金支払特約” をつけることで年金として受け取ることができます。

ただし年金で受け取るときには要注意!運用益がマイナスの場合は所得税はかからないのですが、プラスの場合は一時金で受取った方が税金を安く抑えることができます。また、”年金管理費” という手数料も毎年年金を受取るときにかかってきます。

3.バリアブルライフ(有期型)はどのくらいお得?

変額保険は投資信託のようなものですが保障があります。実際にどのくらいの金額を保障に支払っているのか、いくら受取ることができるのかみてみましょう!

・保障に支払っている金額は?

以下の契約内容のとき、保障に支払っている金額がいくらかを独自に計算してみました。

契約年齢・性別:35歳 男性
保険期間・保険料払込期間:25年
基本保険年額:1,000万円
月払保険料:A・B型ともに 28,390円

※諸費用を控除した後の数値を表示しています。

 

すると保険料に対して保障に支払っている金額の割合は…
オプションA・Bどちらも26.0%
です。

積立分の保険料20,990円を年率3.5%で25年間複利運用すると約1,000万円になります。また、平均年率2.4%で運用すると約860万円になり、払い込んだ保険料よりもわずかにプラスになることがわかりました。2.4%というのは低めのハードルです。これは手数料と保障分の保険料が低いからだといえるんです。

ということで最低でも平均年率2.4%を超える運用実績だったら受取金額がプラスになります。これは契約年齢や契約期間が違っても一緒です。

実際にバリアブルライフ(有期型)の運用実績から平均年率何%で運用できているのか見てみましょう。

・特別勘定の平均年率は何%?

特別勘定の設定は古くは1986年・・・今から32年前です。今のところ世界株式は平均年率11.36%と驚異的です!短期金融市場型を除いてはどれも目安の平均年率2.4%を超えていますね。すべての資産を同じ構成割合にすると平均年率は4.525%です。

4.まとめ

ソニー生命のバリアブルライフが人気なのは過去の運用実績と手数料の低さにあると思います。運用益を引き出すことができたり、保険料の払込免除があることも嬉しいですよね。老後の生活費など長期の資産形成にオススメしたい変額保険のひとつです。

 

 

The following two tabs change content below.
original life design

original life design

名前:佐藤博美。ファイナンシャルプランナー(AFP)。国内生保に1年と外資系生保に6年勤務。その経験を活かしてムリなくムダなくお金を増やしていくための積立や資産運用、安くてもちゃんと使える保険商品をご案内。お金に困ることのない穏やかな人生を送るための有益な情報を配信中!