【外貨建終身(定期払)ランキング2019】積立に活用したいオススメ5社をピックアップ!

外貨建保険には三大疾病や要介護状態を保障する生前給付タイプもあるんですが、今回は主契約が死亡保障で “終身型” かつ “定期払” の商品をランキングしています!

2019年 外貨建終身(定期払)ランキング!

1位 ジブラルタ生命「米国ドル建終身」

何といっても解約返戻率が高い!!他の4社と比べて群を抜いています!契約開始10年の利率は3.00%、その後は3.20%となっており、利率が変動することなく安心安全に積立ができます。契約内容はいたってシンプルで、死亡保障のみです。

「保障よりも積立!」「とにかく解約返戻金」という方にはかなりオススメです!

 

2位 マニュライフ生命「こだわり外貨終身」

2019年1月時点では過去の平均利率は米ドル3.02%、豪ドル2.99%で推移しており、解約返戻率のパフォーマンスも高いです!

そしてさらに魅力的なのは解約返戻金がアップする “保険料払込免除の機能” です!

ノンスモーカー割引もあるのでタバコを吸わない方はさらにお得ですよ。

ただし、同じ契約内容での保険料はノンスモーカー割引が適応されたとしてもメットライフ生命と比べてかなり高いので、安くおさえたいなら「メットライフ生命 ドルSmart」が良いと思います。

 

3位「メットライフ生命 ドルSmart S」は超割安!

「メットライフ生命 ドルSmart S」は保険料がかなり割安です!また2002年3月から2018年12月までの平均利率は3.82%と高い利率でした!「マニュライフ生命のこだわり外貨終身」と解約返戻率をくらべると、過去の利率平均値での返戻率は「ドルSmart S」がほんの少し低くなります。

保険料払込免除はほんとうに基準がゆるく適応範囲も広くて良いので、とくに晩年まで保険料を払込む方にはかなり心強い保険だと思います!

 

4位 三井生命 「ドリームクルーズワイド」

この外貨建保険はほかの2つと違って “利率更改頻度” が15年に1度です。契約時の金利が高いときに選びたいのは絶対にコレ!なんですが、残念ながらただいまの金利は低いんです。

2019年1月の利率を見てみると米ドルは2.17%、豪ドルは1.81%となっていて、豪ドルについては最低保証の2.0%を切ってしまっています。

最低保証で運用された場合でも払込直後の解約返戻率は意外に高いのですが、せっかくなら利率の高い時期をみて契約したいですね。

 

5位 ソニー生命「米ドル建終身」

商品としてのシンプルさや利率が固定されていたりと、1位に選んだジブラルタ生命の「米ドル建終身」と同じタイプの保険ですが、低い解約返戻率が残念。。利率が変動しないので安心して積立ができるのは外貨積立に不安を抱える人にとってかなりメリットです。

自分に合った保険は?

外貨建保険をえらぶ大きな理由は「お金を増やしたいから」というのがあると思います。

いくら貯めたいのか、いつ受取りたいのか、何に使うお金なのか。それらをこれからの収入や支出、家族構成なども総合的に考えて契約していただくと、とても充実した資産形成ができると思います。

情報や環境はつねに変わっているのでぜひ信頼できるFPに相談にのってもらってくださいね。

ちなみにFPも人間なので色んな人がいます。私の経験ですが、もし気になる相談窓口があったら「知りたい内容について詳しい人」と指定すると効果がありましたよ。

 

 

 

The following two tabs change content below.
original life design

original life design

名前:佐藤博美。ファイナンシャルプランナー(AFP)。国内生保に1年と外資系生保に6年勤務。その経験を活かしてムリなくムダなくお金を増やしていくための積立や資産運用、安くてもちゃんと使える保険商品をご案内。お金に困ることのない穏やかな人生を送るための有益な情報を配信中!