【変額保険(有期型)】ソニー生命 「バリアブルライフ」メリット・デメリットをご紹介!過去の運用実績も注目!

変額保険といえば!代理店でも必ずといっていいほど紹介されるのがソニー生命のバリアブルライフです。バリアブルライフには有期型と終身型があるんですがここでは有期型についてお話しますね。

変額保険(有期型)はこんな方にオススメ!
保障もほしいし運用もしたいけどかけ金が限られてる
運用リスクがあることを理解している
運用期間が10年以上ある

※変額保険は保障があるから投資信託より損?詳しくはこちら

ソニー生命公式HPより 変額保険有期型(無配当)PDF

1.しくみと特徴

バリアブルライフ(有期型)は変額保険です。

保険期間中は運用成績によって

死亡保険金
解約返戻金
満期保険金

増えたり減ったりします。

投資信託とおなじで、

株や債券などに分散されて、プロが運用してくれます。

契約年齢:0歳~78歳
保険期間:契約年齢により異なる
保険料払込み期間:契約年齢により異なる
受取り方法:
基本年金年額:100万円~7憶円
最低保険料:月払い 3,000円

バリアブルライフ(有期型)イメージ図

・オプションA(積立機能重視)とオプションB(保障機能重視)

バリアブルライフ(有期型)には2つの保障タイプがあるんですねぇ~。

積立を重視した “オプションA”
保障を重視した “オプションB”

から選べます。

気をつけたいのは、

契約するときに “オプションB” をえらんでも 後から “オプションA” に変更できるんですが、その逆はできないので注意です。

オプションA(積立機能重視)
毎日変動
運用実績が3.5%を超えるとオプションAの方がBよりも積立金が増える
年2回まで運用益を引き出すことができる
運用実績によって積立金額と保険金額が毎日変動する

オプションB(保障機能重視)
毎月変動
オプションAよりも変動保険金額が大きくなる
変動保険金額は各月1日に一度変動
運用益を引き出すことができない

・8種類の特別勘定

 

バリアブルライフの特別勘定(ファンド)は8つ☆

積極的な運用をめざしつつ、安定的です。

ベンチマークに「インデックス」と書いてはあるものの

運用する投資信託がインデックスファンドかどうかは「?」です。

ファンドのうち、”世界株式型” は高い実績で人気あり!

・満期保険金の受取方法は一時金と年金

満期保険金は通常は一時金で受取るんですが、 “特約” をつけると年金として受け取ることができます。

でも、

年金で受け取るときには要注意!

運用益があるときは一時金で受取った方が税金を安く抑えられる可能性大です。

ほかにも年金で受取ると毎年手数料がかかっちゃいます(年金管理費)

2.変額保険のメリットとデメリット

メリット
資産の構成割合を変えることができる
保険料の払込み免除がある(商品による)

スイッチング手数料が月1回または年12回まで無料
相続対策ができる

デメリット
運用リスクがある
必要がなくても保障がつく

最低保険料よりも高くしなければいけない
10年以内に解約するとペナルティ

※変額保険のしくみやメリット・デメリット 詳しくはこちら

 

3.バリアブルライフのメリットとデメリット

メリット
保険料の払込免除がある
年2回まで運用益を引き出すことができる

年12回まで資産構成割合の変更が無料

デメリット
手数料についての記載がない

【メリット】保険料の払込免除がある

なんと!所定の状態※になったとき、保険料の払込は運用の分までソニー生命が負担してくれるんですよ☆

ウショ~!!Σ(;゚v゚ノ)ノ♡

※所定の状態とは
病気・ケガで所定の高度障害になったとき
事故により事故日から180日以内に所定の身体障害状態になったとき

【メリット】年2回まで運用益を引き出すことができる

オプションAのプランのみなんですけど、

運用益を年2回まで引き出すことができます。

「ちょっとおこづかい」なんて楽しみですね~♬

ただし、引出さない方がその分も複利で運用できるので、「もっと増やしたい」という人は引き出さない方が良いですナ。

【メリット】年12回まで資産構成割合の変更が無料

これは変額保険の大きなメリットですょ♡

運用の途中で

「AからBのファンドに変えたい」とか

「Aのファンドの割合を変えたい」

っていうことがチョコチョコあるんですけど、

それが年12回まで無料です。

バリアブルライフの場合は同じ月に12回しても無料です。

13回目からは手数料が発生してくるのでやりすぎには気をつけましょうネ。

【デメリット】手数料についての記載がない

ソニー生命の変額保険って、どこをみても手数料の記載がないんですよねぇ・・・。

とはいえ「保険料の何割が保障にあてられてるのか」チェックしたいときにいちばん間違いないのは、設計書の運用シュミレーションから自分で計算する方法です。

“払込んだ保険料総額” から “利率0%で運用したときの解約返戻金額” をひくと計算できますょ☆

4.バリアブルライフはどのくらいお得?

ということで、

実際にどのくらいの金額を保障に支払っているのか、いくら受取ることができるのかチェックしてみますね!

・保障に支払っている金額は?

以下の契約内容のとき、保障に支払っている金額がいくらかを独自に計算してみました。

契約年齢・性別:35歳 男性
保険期間・保険料払込期間:25年
基本保険年額:1,000万円
月払保険料:A・B型ともに 28,390円

※諸費用を控除した後の数値を表示しています。

この契約内容の場合、

保障にあてられている保険料はオプションA・Bともに7,400円。

なのでどちらも26.0%ですね。

平均年率 2.4%以上で運用できないとプラスにならないようす。

 

実際に平均年率何%で運用できているのか見てみましょうね。

・特別勘定の平均年率は何%?

「バリアブルライフ」の特別勘定の設定は古くは1986年・・・今から30年以上前ですね。

リーマンショック(2009年)で株が大暴落した時代も含めてこの平均年率は国内唯一です。

 

どのファンドも平均年率がプラスという点が素晴らしいー!

2019年5月時点では世界株式は平均年率11.35%と驚異的!

この数字からそれぞれ2.4%を引いた数字が実際の平均年率です(b゚v`*)♪

5.ファンドの選び方

上の例「契約者35歳男性、払込期間25年」だと、平均年率2.4%以上のファンドを選んでくださいな。

「バリアブルライフ」でとくに人気のファンドは平均年率11.35%の「世界株式型」です。

リスクが不安な人は「債券型」や「世界債券型」を組合わせるとリスク分散できますよ。

6.まとめ

「とにかく増やしたい」ということで平均年率の高いファンドを選ぶという人もいると思いますが、リターンを期待できるファンドほどリスクも大きくなります。

一時的だとしても資産が30%減ると精神的に耐えられなくなって解約する人が半数以上という話を聞くとやっぱり慌ててしまうものなんですよね。

資産が10%減ってしまったら?20%減ってしまったら??すぐに解約するのではなく落ち着いて判断できそうですか?

自身のリスク許容度に合わせて無理のないファンド選びをしてくださいね。

私さとうのコンサルティングでは保険だけでなく投資信託やNISA、イデコなども合わせて最適なご案内をさせていただいてます。

ぜひご利用くださいね

(b゚v`*)NICE♪

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
original life design

original life design

名前:佐藤ひろ美。保険を販売しない家計改善アドバイザー、ファイナンシャルプランナー(AFP)。米国NLPマスタープラクティショナー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。人生を豊かにするため、生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立をサポート。家計の問題点をチェックして、お金の使い方、資産運用、生命保険、働き方、心のあり方など、家計を総合的に改善します。