【コンサルティングの感想】夫は公務員で世帯の年収900万円なのに家計が赤字なのはなぜ?

今回コンサルティングを受けてくださったSさまの世帯年収は900万円以上あります。

所得にすると650万円ほどです。

けして少なくないはずなのになぜか赤字になってしまう家計に奥さまは頭を悩ませていらっしゃいました。

家計を何度もチェックしたり、節約したりしてみたものの「何が悪いのかわからない」。

Sさまがいちばん気になっていらっしゃった「家計の現状」と「節約ポイント」をチェックさせていただき、対策をお伝えしたところ嬉しい感想をいただきました。

 

【Sさまからの感想】  

今まで忙しさにかまけてきちんと向き合えなかった家計ですが、今回整理していただき、具体的なアドバイスも教えてもらえたことで改善できそう!と楽しみになりました。

子供たちにかかってしまう教育費のこともこれでいいのかな…と思っていましたが事情を理解していただいたことは励みになりました。

まずは通信費の見直しと、Zaimで毎月の出費の無駄を見つけ、ボーナスを含めた全体の把握をしていきたいと思います。

近い目標は、把握できたらふるさと納税でうなぎを食べることですね。うなぎ、とっても惹かれました!

保険も、保険会社さんからしかお話を聞いたことがなかったので言われるままでしたが
中立に、必要な保証を提案していただき安心しました。
運用も興味があったので今後に備えていきたいと思ってます。

まとまらない感想ですみません。
しかし家計の見直しが楽しみになったのは私にとって、とてもプラスな出来事でした。
素人の私に丁寧にアドバイスくださり感謝です。

(生命保険の見直しについては)来月になりますがよくお話を伺いたいと思います。

本当にありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『家計の見直しが楽しみになった』と、気持の変化を感じていただけたことや嬉しそうな気持が伝わってきて私も心から嬉しいです。

今回のコンサルティングの内容をまとめますね。

必要な方に参考にしていただけますように。

 

1.Sさま宅のきほん情報

夫(世帯主)、妻(配偶者)、長男(高1)、長女(小4)の4人家族です。

世帯年収は944万円ありますが、そのうち月収は奥さまが、ボーナスはご主人が管理されています。

月収は62万円ですが月所得は45万円です。

<Sさま宅の収入>

2.赤字の原因をチェック!

Sさまはとてもこまめに節約を意識されていたのですが、月3万円~5万円のマイナスになっていると話してくださいました。

・収入に対して支出はいくら?

1カ月の予算45万円に対して支出は66,571円マイナスです。節約をしてなんとか月3万円~5万円のマイナスにおさえていたようです。

NHKの「あさイチ」でも紹介された家計の黄金比率(FP 横山光昭さん考案)に当てはめてみると・・・

<Sさま1カ月の支出>

“理想の支出額” とくらべてマイナスになっている費目は8つありますね。

なかでもとくに大きいのが「預貯金」と「教育費」です。

「預貯金」は公務員として働くご主人の「一般財形貯蓄」や「組合共済費」などもあるので大きな金額になっています。

「教育費の負担も大きいですよね。どうしたいですか?」とたずねると、「子どもにとって塾は “心のよりどころ” になっている場所なんです。」と話してくださいました。

子どもにとって “自信” を育てる大切な時期。”心のよりどころ” になっている場所だとしたら費用を気にするよりも大事にしたい、そんな気持ちが伝わってきました。

そこで月々の支出では「預貯金」や「教育費」には触れず、「携帯料金」の見直しにとどめることにしました。

・あいまいになっていたボーナスの使い道

月々のやりくりで足りなかった分のお金は “ボーナス” から支払われているということです。

月々の収支は確認させていただいた内容とほとんど一致しており、そのとおりにシュミレーションしてみると・・・

<Sさまのキャッシュフロー(収支の流れ)>

月の所得の範囲内で収まらなかった3~5万円の支出をカバーしたとしても今年も年間140万円程度のゆとり資金が出るはずなのですが、、

お話を伺うとボーナスもほとんど残らないのだそうです。

 

家計をチェックしてみて気になったのが「交際費」と「娯楽費」がゼロ円になっているという点です。

未成年の子ども2人がいる家庭でこれは考えづらいなぁ、、

と、聞いてみたところこれは奥さまの管理が届かない “ボーナス” から支払われているということでした。

また、電化製品の買換えに使ったり突発的な出費に対応すると消えてしまうことがわかりました。

3.家計改善の対策

①ボーナスの使い道を再確認
②携帯料金の見直し
③生命保険の見直し

①ボーナスの使い道を再確認

月々の家計の予算はこれ以上見直すことが難しいというお話もあり、まずはボーナスの使い道を整理することが最優先になります。

1年間のボーナスの使い道は予め計画すると良いですね。

車検や車の税金、そろそろ買いかえなければいけない家電などもおおよそわかるはずです。

すると使いすぎや未計画に物を買ったりすることをおさえられますよ。

②携帯料金は年間21万円節約

現在ご家族の3人がauで契約をされていて月々3万円の料金を支払っています。

こちらをUQモバイルに変えた場合、、

「ネットやSNSを毎日したい方向け」の “プランM” では契約後1年間は月々の支払いが2,980円、14ヶ月目以後は3,980円です。

もし親子3人でUQモバイルの “Mプラン” に変えたとすると初年度は1カ月2.1万円、年間で約25万円節約できます。14ヶ月目からは1カ月1.8万円、年間で21.6万円の節約です。

5年間で100万円以上の節約も夢じゃないですね。

ちなみにUQモバイルの契約プランには S・M・Lがあり、動画もたっぷり楽しみたい人には “Lプラン” がおすすめされています。初年度の月額料金は4,980円ですが14ヶ月目以降は5,980円になるようです。

③負担を増やさない生命保険の見直し

こちらの世帯で支払っている保険料は1カ月22,093円です。

ご主人の場合は医療・死亡ともに必要な時期に保険が終わってしまう状態にあり、奥さまの場合は個人年金のみで医療保険がありません。

そこでご夫婦の保険を見直す提案をさせていただきました。

内容をアップさせつつ今までと保険料が変わらないように意識しましたが、ご主人の家系がガンということでガン保障をプラスすると保険料は月3,000円程度高くなります。

【ご主人】必要なときまでムダなく保障

医療保険

60歳をすぎ、70歳を超えるとお医者さんにお世話になる機会が急増します。

<厚生労働省 平成26年(2014年)患者調査の概況より> 

ご主人の医療保険は75歳で保障がなくなってしまうので、長生きに備えた終身医療保険(月保険料 約3,200円)をお知らせしました。

死亡保険

末子が23歳で社会人になるのはご主人が65歳のときなんですが、ご主人の死亡保険は57歳で終了してしまいます。

子ども2人は大学に進学する予定もあり「せめて65歳まで生活をカバーできる保障を」ということで、月々の収入を補てんする「収入保障保険」(月額保険料 約6,000円)をお知らせしました。

月々受取れる収入保障額を20万円に設定しても現在の死亡保険料より安く収まりそうです。

もしご主人が亡くなってしまった場合、末子が23歳になるまでにかかるお金は年平均おおよそ450万円でした。

遺族年金は子どもの成長に合わせて段階的に190万円、170万円、120万円と受取ることができます。

奥さまのパート年収108万円も合わせて考えると不足している必要資金は月15万円~20万円です。

奥さま】医療保険を新たに準備

奥さまには年金保険があり、医療保険がありません。

そこで長女の2つの医療保険のうち終身医療保険を解約して奥さまの分を準備(月保険料 約1,600円)するご案内をさせていただきました。

子どもさんはまだまだ若いのでこれからいくらでも安く契約することができますし、長い人生で医療が変わってくると現代の医療保険が合わなくなることはじゅうぶん考えられます。

ここはママの医療保険を優先したいところです。

一方、10年以上前に契約された「年金保険」は円建てなのですが、払込んだ保険料にたいして118%ほどになって返ってくる良い商品でした。

もしもっと増やしたければ、ということで利率が固定されていて安心なうえに為替レートによっては130%以上になる可能性もある外貨建保険(定期払)もお話させていただきました。

4.まとめ

Sさまの家庭は夫婦ともに将来設計をしっかり考えていらっしゃいます。

月の所得から積立にあてているお金は「学資保険」や「一般財形」も含めて毎月10万円ほど。

一方ボーナスはSさまにとって銀行貯金のような、すぐに引出せるお金(流動性資金)としての役割ですね。

そのボーナスの使い道を把握すること。それができたらもっと “家計のゆとり” を実現しやすくなるはずです。

携帯電話の料金を見直すことで年間20万円ほどの余裕ができるとさらに楽になりますね。

『家計の見直しが楽しみになった』と希望を持っていただけたことで生活がもっと楽しくなるんじゃないかなと思っています。

5.無料お試しキャンペーンのお知らせ

2019年8月1日より先着10名様まで「家計コンサルティング」を無料でさせていただきます。

生命保険や金融商品の販売はしておりませんが、生命保険の見直しのみご希望のお客さまにもご対応しております。

「受けてみたいけど遠いし・・・」と悩んでいらっしゃる方は遠慮なくご相談くださいね。

お申込は下の “お問合せボタン” からしていただけます。

皆さまとのご縁を楽しみにお待ちしています(*^_^*)。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
original life design

original life design

名前:佐藤博美。ファイナンシャルプランナー(AFP)。国内生保に1年と外資系生保に6年勤務。その経験を活かしてムリなくムダなくお金を増やしていくための積立や資産運用、安くてもちゃんと使える保険商品をご案内。お金に困ることのない穏やかな人生を送るための有益な情報を配信中!