【変額保険】気になる3社を徹底比較!運用実績や信託報酬もチェック!

変額保険といえば!必ずといっていいほど紹介されるのがこの3社☆

世界的老舗 アクサ生命の「ユニットリンク」
国内で老舗 ソニー生命の「バリアブルライフ」

そしてアクサ生命のユニットリンクを意識して作られたと言われる東京海上日動あんしん生命「マーケットリンク」

です☆

ほんとに良いのはどれ??

ということで、この3社の違いを比べてみましたョ。

1.信託報酬はチェックしなくてもOK!

投資信託を選ぶときは “信託報酬” もチェックするんですけど変額保険ではしなくてOKです!

なぜかというと、保障や手数料にあてられる保険料をまとめて計算できちゃうからです。

その方が 「得or損」を判断しやすくなりますよ。

・運用されない保険料の計算方法

1カ月分の保険料のうち保障と手数料に支払ってる保険料は・・・??

まず、設計書を見てくださいね。

すると数字がたくさん並んでる表が何ページもあるはずです。

その表に “保険料総額” が記載されてあるので、「利率0%」の欄の一番下。

「払込満了」のときの “解約返戻金額” を引きます。

そして、払込年数で割って、12ヶ月で割ると「運用されない保険料1ヶ月分」が出せますよ♬

2.運用されない保険料は何%?

ではじっさいに計算してみますね~♬

契約条件
契約者 40歳女性
保険金額 約300万円
払込期間・保障期間 約80歳

 

 

保障と手数料に支払う保険料の割合を見てみると・・・

アクサ生命 ユニットリンク 33.6%
ソニー生命 バリアブルライフ 36.4%
東京海上日動あんしん生命 マーケットリンク 33.2%

という結果になりました。

この割合が小さいものをえらぶ!

これも大事なポイントです☆

3.運用実績も参考に

変額保険を選ぶときは、過去の運用実績も参考にしましょうネ☆

東京海上日動あんしん生命はまだ年数が浅すぎるから、、

ここではアクサ生命とソニー生命のふたつを比べてみます。

<2社の年率の比較>

※平均年率:銀行でいう利率のようなもの。
※運用実績の比較月に1カ月差があります。

詳しい解説はつぎを見てくださいね♬

・アクサ生命「ユニットリンク」

フランスに本社のあるアクサ生命は変額保険の世界的な老舗です。

保険会社のなかでもファンド数10種類と、いちばん多いアクサ生命のユニットリンク♬

色んなパターンでファンドを組合わせてリスク回避できます。

よく見ると、設定されてからまだ5年しかたっていないファンドが4つありますね。

設定されてから年数が浅いファンドは運用が安定しにくく、マイナスになりやすいんです。

平均年率がいちばん高いのは “外国株式プラス型” で10.75%ですネ☆

高い実績はさすがです!

保険料の払込を停止しても、保険期間中は運用が続けられます。そのおかげで、保険料を払い込まなくても複利で運用され、お金を増やせます。

他社にはない大きなメリットですよ!

もちろん、運用を継続することで経済状況によっては減ることもある点は注意です。

・ソニー生命「バリアブルライフ」

国内で変額保険の老舗といえばソニー生命!

ファンドが設定されてから、古いもので30年以上の実績があるんです☆

リーマンショックや東日本大震災など、資産価値が大きく下がってしまった時期も乗りこえて実績が高い!

安心感が違いますね♡

しかも世界コア株式型、世界株式型、世界債券型は『安定着実』の “インデックスファンド” ☆

なかでも “世界株式型” は平均年率11.49%と、変額保険のなかでももっとも高い実績です♬

ただし、保障などにあてられる保険料の割合が高いのも事実…。

その分「解約返戻金が低くなる」ということも忘れてはいけません。

平均年率を同じにして比べると、ユニットリンクの解約返戻金のほうが大きくなります。

・東京海上日動あんしん生命「マーケットリンク」

販売開始されてからまだまだ年数は浅いんですが、とっても魅力的な商品です。.。:+*☆

なぜなら

保障などにあてられる保険料が3社のなかでも小さいから

すべてのファンドが安定着実の “インデックス” だから

今後に期待ですね~♬

4.変額保険を選ぶポイント

なんといってもいちばんは

保障・手数料にあてられる保険料が小さい商品

を選ぶのがポイントです!

たった1%の差が想像以上に運用に影響しますよ!

5.変額保険(有期型)はこんな人に向いています

「若いうちは保障もほしい」「将来的には現金として使うためになるべく増やしたい」という方に向いているのが変額保険(有期型)です。

変額保険は保険のなかでも保障がとくに割安なので、契約直後から大きな保障を安く準備しつつ、運用もできるのが強みです!

そして運用実績が上下しても保障が減ることはありません。

 

気をつけなければいけないのは、保険料全額が運用されるわけではないので、イデコやつみたてNISA、投資信託より現金を増やす効率が悪いこと。

さらに解約すると “解約控除(手数料)” が発生するはじめの10年はずっとマイナスであることのほうが多いこと。

 

イデコやつみたてNISA、投資信託は翌月から運用益が出ることも珍しくないですし、保障もないので、単純に「増やしたい」という人にとっては ”損” な商品です。

 

【関連記事】変額保険or投資信託 どっちを選ぶ?ふたつの違いもチェック!

 

 

 

 

 

ご質問、ご感想は

LINE@にお寄せください。

 

必ずお1人お1人に

お返事させていただきますね。

友だち追加

 

ただいまLINE公式アカウントでは

平日の朝は10秒で読める!

『お金が貯まる習慣&マメ知識』を配信中。

 

==========

・納得です!

・貯蓄の再認識ができました!ありがとうございます。

・ドキッとしました。資産形成しないとって思います。

・朝の配信、いつも楽しみに読んでます。

・朝のメッセージ、いつも楽しみにしてます。

==========

 

などなどたくさんのご感想や質問をいただいています。

 

 

――――――――――

Original Life Design
佐藤 ひろ美

HPトップ  
無料メール講座
セミナー
お問合せ&お申込 

――――――――――

 

 

 

The following two tabs change content below.

original life design

名前:佐藤ひろ美。保険を販売しない家計改善アドバイザー、ファイナンシャルプランナー(AFP)。米国NLPマスタープラクティショナー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。人生を豊かにするため、生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立をサポート。家計の問題点をチェックして、お金の使い方、資産運用、生命保険、働き方、心のあり方など、家計を総合的に改善します。