証券会社が破綻したらお金はどうなる?投資信託が守られる3つのしくみ

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

家計改善アドバイザー

ファイナンシャルプランナー

佐藤ひろ美です。

 

 

「証券会社が倒産したら運用してるお金はどうなるの?」

 

 

質問のなかでも多いですね~。

 

 

証券会社がつぶれたら

預けたお金が還ってこないんじゃ・・・

 

 

そう思ってますます「運用恐怖症」に

なっていませんか?

 

 

そうやって運用の機会を

損なってしまわないように

 

 

こちらでは

 

 

証券会社が破綻したらどうなるのかを

お話しますね。

 

 

 

結論から言うと

 

 

銀行にお金を預けるよりも

安全なシステムになってます。

 

 

もし銀行が破綻したら

1金融機関・1預金者当たり

1,000万円まで元本が保証されますよね。

 

 

それよりも頑丈に守られるしくみなんですよ。

 

 

1.投資信託を破綻から守るしくみ

証券会社が破綻したら、お金がゼロ円になってしまうような気がしますよね。

そうなったら大変ですけど、じっさいは破綻しても顧客が損をしにくいしくみになっています。

そして企業側も不正がしづらくなっているんです。

 

そのひとつの理由が、3つの機関で役割分担しているからなんですね~。

それぞれの機関とその役割はというと・・・

 

 

①証券会社(投信を売る)

まず、私たちが投資信託を買うのが【証券会社】です。

いちばん身近なところですね。

楽天証券やSBI証券、野村証券などがそうです。

証券会社は会社を経営するための資産と顧客の資産は “分けて管理” = “分別管理” するように「金融商品取引法」で義務付けられているんですよ。

そうすることで、もし証券会社が破綻しても顧客にお金を還せないことがないようになってるんです。

そして集めたお金は信託銀行で管理されます。

もし、証券会社が分別管理せずに顧客のお金を不正利用して破綻し、お金を還せないとなったときには「投資者保護基金」で1,000万円まで補償されます。

 

②運用会社(お金を運用)

そして投資家から集めたお金を運用するのが【運用会社】です。

運用を委託されるので、”委託会社” とも言われます。

「○○投信」とか「○○アセットマネジメント」といった名前になっています。

運用会社は運用を指図するだけです。

なので、もし運用会社が破綻したとしても、顧客のお金を管理したり保管したりはしていないので直接的な影響はありません。

そして顧客が運用していた投資信託は、ほかの信託会社に引継がれて運用継続できる場合と、ファンド自体が終了してしまうこともあります(繰上償還)。

繰上償還になったときに運用状況が悪ければ資産がマイナスになることもあるので、その点は要注意ですね。

 

③信託銀行(お金を管理)

集めたお金を管理してくれるのが【信託銀行】です。

「○○信託銀行」といった名前になっています。

もし破綻したら、いちばんヤバそうなのは信託銀行ですよね。

ところが!信託銀行が破綻しても顧客のお金に影響はないんです。

なぜかというと、ここでも “分別管理” するからなんですね~。

分別管理については証券会社のところでもお話しました。

“分別管理” することでもし信託銀行が破綻しても顧客のお金は傷がつかないようになっています。

そして運用会社と同じように、運用していた投資信託はほかの信託会社に引継がれて運用継続できるか、場合によってはファンド自体が終了になることも(繰上償還)。

繰上償還になったときに運用状況が悪ければ資産がマイナスになることもあるので、ここでもその点は要注意ですよ。

 

2.破綻してもお金が守られる3つのポイント

ここまで、投資信託は銀行よりも安全と言われるワケを各機関ごとにお話してきました。

お金が守られる理由をサクッと3つにまとめると・・・

 

理由① 3つの機関でお互いを監督しているから(証券会社・運用会社・信託銀行)

理由② お金を分別管理しているから(証券会社・信託銀行)

理由③ 証券会社が分別管理せずに破綻しても顧客のお金は1,000万円まで補償されるから(証券会社)

 

銀行で投資信託を購入した場合には1,000万円の補償はないので、投資信託の購入は証券会社のほうが安全です。

 

そして顧客の資産や投資信託は別の会社に移されて運用を継続できるか、もしくは運用がストップされてそのときの基準価格をもとに還される。

 

ということで、まったく還ってこないということはありません。

 

なので、気をつけなければいけないのは

 

証券会社が分別管理せずに破綻したら運用資産1,000万円までしか補償されない。

破綻したときの運用状況によっては償還金額がマイナスになることもある。

 

この2点。

 

もちろんこの2点のリスクを回避する方法もあります。

 

その方法はこちらでお伝えしますね☆

https://originallife-d.info/sisannunnyou_onlinekouza

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

original life design

佐藤ひろ美。ファイナンシャルプランナー(AFP)・家計改善アドバイザー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立を実現するライフプランをサポート。キャッシュフローをもとにひとりひとりに合った運用対策を提案し、この先もずっと安心して暮らせるように家計を改善します。