5年前のガン保険がもう古い!ガンが心配なあなたは要注意です!

 

 

 

 

 

こんにちは。

家計改善アドバイザー

ファイナンシャルプランナー

佐藤ひろ美です。

 

 

ガン保険契約してから5年以上

放置してませんか?

 

 

5年以上たったガン保険は

古いです!!

 

 

ショック・・・!!

 

 

じつは私、去年の健康診断で

子宮頸がんの手前の手前の手前の・・・

 

 

「軽度異形成=CIN1」

って診断されたんですね。

 

 

そのうちガン化するのは

10%ということなので

 

 

正直ガンの心配は

ほとんどしてないんですけど

 

 

もしかしたら上皮内ガンくらいには

なるかもしれないなぁ・・・

 

 

ということで

 

 

ガン保険の保障内容を

あらためてチェックしてみたんですね。

 

 

すると!

ナンテコッタ!!

 

 

すっかり古くっさい内容に

なってましたー。

 

 

 

7年前は最先端だったのに!

保険料もかなり安いはずだったのに!

 

 

「はぁ”ーーーっ!!」

 

 

って、、ショックからの後悔です!!

 

 

正直、その当時はかなり安かったので

これ以上安くなることはないと思ったし

 

 

見直したからといって

保障内容がうんと良くなるわけでもなく

(当時は。)

 

 

見直す意味なんて感じられずに

放っておいたんですよね・・・。

 

 

ところが、あれからガン保険は

 

 

ずいぶんと保険料が安く

使い勝手の素晴らしい商品が

出されています。

 

 

ちなみに私が7年前に契約したガン保険は

どんな内容かというと

 

 

がん診断一時金は

2年に1回しかもらえず

 

 

上皮内ガンはがん診断一時金の

1/2だけ。

 

 

それでも保障としてはじゅうぶん。

 

 

ですけれども、、

 

 

保険料が高すぎる・・・!

 

 

当時36歳で約3,500円です!

 

 

それが、今のガン保険だったら

当時と同等の保障内容で

 

 

2/3程度の保険料!

もしくは半額くらいですみます。

 

 

7歳年をとった今でさえです!

 

 

もちろん保障内容もゥンと

良くなって、ですよ!

 

 

なのに・・・

 

 

今となっては私は見直しが

難しい状況になってしまいました・・・。

 

 

だいたいそうですよね。

 

 

「見直しておけばよかったーーー」

って、後悔するのは

 

 

病気を本当に疑っているときです。

 

 

だけどそれじゃ遅い。

 

 

なるべく見直しをしてください。

 

 

いざ見直そうと思ったときに

病気で見直せないということは

 

 

よくある話です。

 

 

とくに女性は30代・40代に

ガン罹患率が高いんですね。

 

 

<男女の年代別ガン罹患率>

引用:がん対策推進企業アクションHPより

 

 

 

なかでも乳ガンが圧倒的で

ついで子宮ガンが多い状況にあります。

 

 

<部位別・年齢別 女性のガン罹患人口>

引用:東京都福祉保健局より

 

 

「まだ若いから大丈夫」

とは言い切れません。

 

 

だからこそ

 

 

健康で見直しが可能なうちは

定期的に保険のメンテナンスを。

 

 

そしていざ病気になっても

満足な保障を受けられるように

整えてほしいなと思います。

 

 

私のように後悔しないでくださいね。

 

 

見直すと保険料も安くなる可能性

ありますよ♪

 

 

 

 

 

ご質問、ご感想は

LINE@にお寄せください。

 

必ずお1人お1人に

お返事させていただきますね。

友だち追加

 

ただいまLINE公式アカウントでは

平日の朝は10秒で読める!

『お金が貯まる習慣&マメ知識』を配信中~♪

 

――――――――――

Original Life Design
佐藤 ひろ美

HPトップ  
サービスメニュー
お問合せ&お申込 

――――――――――

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

original life design

名前:佐藤ひろ美。保険を販売しない家計改善アドバイザー、ファイナンシャルプランナー(AFP)。米国NLPマスタープラクティショナー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。人生を豊かにするため、生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立をサポート。家計の問題点をチェックして、お金の使い方、資産運用、生命保険、働き方、心のあり方など、家計を総合的に改善します。