無料相談ではダマされる?!販売店のしくみ ~保険会社・証券会社・銀行~

『商品販売する人間はどうしても “売るための見直し” しちゃうんだよなぁ。商品を扱っている人間の “性” だよ。』

某金融機関の方がこう話してくれました。

 

『商品を扱っている人間の “性”』

金融商品を扱っている人は “商品を売る” ことに一生懸命です。

なぜならそうゆうシステムのなかで、仕事をしているから。

銀行も、証券会社も、保険会社もそう。

一方でお客様からはこんな声を聞くことがあります。

 

たとえば節約のために保険を見直ししたくて近くの販売代理店に行ったとき。

相談料無料だし、保障を減らしたくて行ったのに。新しい保険を提案されて、、契約してしまった。

なんか納得いかない・・・。

 

同じような話は銀行や証券会社でも。

 

お客様にとっては不満や不安がのこるかんじになってしまって

「無料でもちゃんと診てーーー」って思ったと思います。

 

でも “無料相談” が目的にしているのは “商品を売る” ことです。

そのためにノルマがあって、それができた人ほどご褒美がもらえる。

 

もしこのしくみのもとで家計の見直しがなされても、家計は良くなりません。

なぜなら “商品を売る” ために問題点が示されるから。

これじゃぁ家計は良くならない。

 

だからもし本当に家計を良くしたいのなら、

商品を契約するところと
見直しをしてくれるところは

別、なんです。

見直しをして、必要があれば販売店に行く。

役割を使い分けるっていうとわかりやすいかもしれませんね。

 

そうしてはじめて家計が改善されていきます。
不要な乗換えも、ムダな契約も、ありません。

家計の問題をしっかりチェックして、改善するための方法を。

あなたに本当に必要な解決策を、知ることができますよ。

 

 

 

The following two tabs change content below.

original life design

佐藤ひろ美。ファイナンシャルプランナー(AFP)・家計改善アドバイザー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立を実現するライフプランをサポート。キャッシュフローをもとにひとりひとりに合った運用対策を提案し、この先もずっと安心して暮らせるように家計を改善します。