大人気の「高度先進医療特約」が安すぎる!じつはウラ事情があります

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

家計改善アドバイザー

ファイナンシャルプランナーの

佐藤ひろ美です。

 

 

大人気!先進医療特約!!

なのに特約保険料は150円と激安っ!!

 

 

不思議だと思いませんか?

 

 

1,000万円以上するかもしれない

高度な医療を受けられるのに

 

 

保険料はどの世代も

200円しないんですもん。

 

 

なぜ安いのか?

 

 

じつは高度先進医療は

使われない特約なのです。

 

 

じっさい約3%しか

使われていません。

 

 

せっかく高度な医療が受けられるのに

 

 

なぜ使われないのか

どうしたら使えるのか

 

 

ここでお話しますね。

 

 

そもそも高度先進医療って

どんな治療が受けられるのかというと

 

 

約70%がガンの治療です。

 

 

そして日本は先進国のなかでも

 

 

ガン罹患率が高く

死亡率も唯一増え続けている国

 

 

ですから

 

 

使うべき人はたくさんいるはずですよね。

 

 

「日本人の2人に1人がガン!?私もガンになるかも・・・」

 

「ガンになったらなるべく良い治療を受けたいよなぁ」

 

 

そう思う方も少なくないでしょうから。

 

 

ところがじっさいに

高度先進医療を使った人の数は

 

 

年間約2.5万人~3万人です。

 

 

1年間の新規ガン患者数は

約100万人ですから

(参考:日本経済新聞より「2016年新規ガン患者数99万5132人」)

 

 

100万人に対して

3万人しか使っていないのは

 

 

どう考えても少ないですよね。

 

 

なぜなのか。

その理由は

 

 

患者さん側から担当医に

希望しなければ

受けられないしくみだからです。

 

 

そのうえ

 

 

希望する高度先進医療が

症状に効くということを

患者さん自身が知っていて

 

 

お医者さんに

その治療の必要性と合理性を

認めてもらわなければいけません。

 

 

となると?

 

 

高度先進医療を受けたい場合は

 

 

患者さん自身が病気のことを調べて

有効な治療方法を探すことが

求められるのです。

 

 

プライドが高いであろうお医者さんに

モノ申すってそれだけでしんどいですよね・・・。

 

 

手術名も専門的で

わかりにくいのも難です。

 

 

だから高度先進医療を受ける人が

少ないわけなんですが

 

 

もし、

 

 

もっと良い治療を受けて

命を守りたいと思ったら

 

 

自分の命を他人任せにしすぎず

自分でも調べる

 

 

ということも重要です。

 

 

高度先進医療の治療内容は

つど入替るので

 

 

まずはどんな治療が受けられるのか

チェックしましょう。

 

 

厚生労働省のHP

『先進医療の各技術の概要』から

見れますよ。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

original life design

佐藤ひろ美。ファイナンシャルプランナー(AFP)・家計改善アドバイザー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立を実現するライフプランをサポート。キャッシュフローをもとにひとりひとりに合った運用対策を提案し、この先もずっと安心して暮らせるように家計を改善します。