【コロナウィルス】修学や進学あきらめたくない!授業料の免除や給食費などの支給制度

コロナウィルスの影響は学生たちにも。

親だけでなく自分のアルバイトの収入も減ってしまって就学や進学をあきらめている学生は13人に1人(4月28日現在)にもなるようです。

就職やその後の未来まであきらめてしまうことのないように、できる限りの支援を活用していきましょう!

 

1.授業料の給付・貸与・免除

経済的な理由で進学や修学の継続をあきらめる可能性のある学生に向けた授業料支援です。

 

授業料や入学金が免除されるだけでなく、給付金(給付型奨学金)も同時に受けられる制度が

【減免・給付高等教育就学支援新制度 です。
※2020年4月からスタート

 

そして授業料や入学金を借りることができるのが

【貸与】貸与型奨学金 です。

 

(1)【減免・給付】高等教育就学支援新制度

対象:すでに大学や専門学校などに在学していて、住民税非課税世帯及びこれに準ずる世帯の学生。

成績だけでなく、意欲が認められる学生も対象です。

制度の内容:授業料・入学金の免除や減免” と同時に “給付型奨学金” を受けることができます。

問合せ先:
日本学生支援機構 奨学金相談センター
TEL 0570-666-301(月~金 9:00~20:00)
※土日祝日、年末年始を除く。

各大学・専門学校の学生課や奨学金窓口

参考:新型コロナウイルス感染症の影響で学費等支援が必要になった学生のみなさんへ 文部科学省HPより

 

(2)【貸与】貸与型奨学金

対象:大学・門学校などに在学中の方

制度の内容:やむをえない事情で他の学校に入学し、修学に必要な費用が増えたことにより家計が急変し、緊急に奨学金が必要となった場合の奨学金。
やむをえない事情とは・・・失職、破産、事故、病気、死亡等もしくは火災、風水害等の災害等又は学校の廃止など)

貸与型奨学金には2つタイプがあります。
その違いは・・・

①緊急採用:当該年度のみの貸与。標準修業年限まで延長することもできる。

②応急採用:標準修業年限が終了するまでの貸与。

問合せ先:
日本学生支援機構 奨学金相談センター
TEL 0570-666-301(月~金 9:00~20:00)
※土日祝日、年末年始を除く。

各大学・専門学校の学生課や奨学金窓口

参考:新型コロナウイルス感染症の影響で学費等支援が必要になった学生のみなさんへ 文部科学省HPより

(1)(2)共通 かつて断られた人も可能性あり! 

世帯の収入が大きく減った人は「家計の急変」として申し込みできます!

これまで対象外となった人も、支援対象になる可能性があります。

コロナウイルスの影響で、自分のアルバイトなどの収入が減ってしまって、新たに支援を受けたい人も対象になるかもしれません。

すでに貸与奨学金を利用していて、もっと支援が必要な人は増額できます(貸与上限あり)。

2.公立の高校や特別支援学校などの免除・減額・猶予

対象:世帯の収入が大きく減って入学金や授業料などの支払いが困難になった学生

制度の内容:入学金などの免除や減額または猶予

問合せ先:お住まいの教育委員会や、通学している学校

3.私立学校の入学金などの免除・減額・猶予

対象:世帯の収入が大きく減って入学金や授業料などの支払いが困難になった児童・学生

制度の内容:入学金や授業料などの免除や減額または猶予

問合せ先:通学している学校

4.学用品費、給食費などの支給

対象:経済的理由によって就学困難と認められた児童・学生

制度の内容:学用品・通学用品費などの援助

問合せ先:地域の教育委員会や、通学している学校

5.そのほかの支援

独自に給付金を出している大学などもあります。

まずは通っている学校や教育委員会にどんな支援があるのかをしっかり確認してみてください。

ネットでは探せない支援情報もあるかもしれません。

 

厚生労働省のHPにある『生活を支えるための支援のご案内』では

コロナウィルスによって収入が減ってしまったときに受けられる支援をまとめてチェックできます!

ぜひお役立てください。

こちらをクリック↓

参考:厚生労働省HP『生活を支えるための支援のご案内』

 

こちらも参考にしてくださいね↓↓

【関連記事】
コロナウィルス関連の生活支援

コロナウィルスの話題を

ニュースで耳にしはじめたのは

2月10日頃のこと。

あれから数カ月以上たってもなお

感染者は増えつづけています。

 

世の中の経済が停滞を深めているなかで

人によっては

命の危険よりも

収入がなくなってしまう不安の方が

現実的かもしれません。

 

そんなとき

受けられる支援を

知っているのと知らないのとでは

大きな違いです。

 

支援を活用することで

生活への影響を抑えられます。

お金の不安が少しでも解消されると

今やるべきことやこれからのことを

落ち着いて考えられるようになったり

不要なイラ立ちから解放されて

家族にも優しくなれたり

気持ちによゆうが生まれます。

不安や恐怖が

目立って報道されていますが

これからの労働環境や生活環境にとって

良いものが生まれていることも

また事実です。

 

いつ収束するかわからないこの状況に

不安を感じないといったらウソですが

今を有意義な時間にするために

できることはしたいですよね!

 

前を向いて今を過ごした先にあるのは

明るい未来!

そう信じて

この時期を一緒に乗り越えていきましょう!

 

 

【コロナウィルス関連記事】
『あなたの不安を吐き出してください。』

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
original life design

original life design

名前:佐藤ひろ美。保険を販売しない家計改善アドバイザー、ファイナンシャルプランナー(AFP)。米国NLPマスタープラクティショナー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。人生を豊かにするため、生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立をサポート。家計の問題点をチェックして、お金の使い方、資産運用、生命保険、働き方、心のあり方など、家計を総合的に改善します。