【相続税】死亡保険金にかかる相続税を節税する方法. イチオシの生命保険は? 

今までもたくさん支払ってきた税金。

「なるべく多く遺族にお金をのこしたい」そんなときに活躍するのが生命保険です。

なぜなら死亡保険金は税制的に優遇されているからなんです!かんたんにいうと節税できちゃう。

“みなし相続財産” として相続財産から一定金額控除されてから課税されるのでその分税金負担を軽くすることができるんですよ。

ただし、保険契約者・被保険者・死亡保険金受取人によって税金の種類が変わってくるのでつぎで説明しますね。

 

1.死亡保険金にかかる税金の種類

 

保険契約者・被保険者・死亡保険金受取人をすべて法定相続人とした場合、税金の種類は以下のようになります。

相続税:契約者・被保険者が同じ
所得税(一時所得):契約者・死亡保険金受取人が同じ
贈与税:契約者・被保険者・死亡保険金受取人すべてバラバラ

 

 

法定相続人の人数や保険金額にもよりますが多くの場合、所得税や贈与税よりも相続税の方が税金を軽くすることができます。

その一方で死亡保険金額が1億円で法定相続人が3人などの場合は一時所得にした方が税金負担は軽くなります。

いずれにしても死亡保険金額が控除額の範囲内だったら税金はかかりませんから安心してくださいね!

 

2.相続税が課税されない金額は?

 

すべて現金で相続したとすると税金も支払えますがほとんどを不動産で相続した場合には支払期日まで税金を支払えないという問題もよくあるようです。

すると延滞金や加算税を支払わなければいけない、なんてことも。

非課税枠を知って早めに対策しておくとそのような負担は避けられます。

 

・死亡保険金の非課税枠は?

 

死亡保険金は「のこされた家族の生活保障」としてとっても大切な役割を担っているので一定金額が非課税になる特典が用意されています。

相続税が課税されない死亡保険金額は

500万円×法定相続人の数

で求めることができます。

たとえば法定相続人が

1人の場合は死亡保険金額500万円まで
2人の場合は死亡保険金額1,000万円まで
3人の場合は死亡保険金額1,500万円まで

税金がかかりません。

 

・相続税の基礎控除

そして相続税には基礎控除といって”非課税枠”があるんです。

課税される死亡保険金額とその他の相続財産を合算しても非課税枠の範囲内であれば税金がかかりません。

それは以下の計算式で求められます。

3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

たとえば法定相続人の人数が

1人の場合は死亡保険金額3,600万円まで
2人の場合は死亡保険金額4,200万円まで
3人の場合は死亡保険金額4,800万円まで

無税です。

 

・その他相続税から控除できる費用

 

ちなみに、亡くなった方(被相続人)が返済しなければいけないローンや相続人が支払った葬式費用などは相続取得財産から差し引くことができますよ。

 

控除できる費用

ローンなどの債務
被相続人が返済しなければいけない債務
借入金元利、地代家賃の滞納分、住宅ローンの残額、滞納分の住民税など

葬式費用
相続人が負担したお通夜や告別式の費用

配偶者の場合はさらに非課税枠が広くなっています。課税価格が実質1億6,000万円までは無税ですし、もし超えていたとしても法定相続分以内でしたら無税です。

 

3.相続税率とその金額

 

そのうえで非課税枠を超えた金額に対して相続税が課税されるんですが、ひとりひとりの相続取得金額はさらに以下の控除額を差し引いて計算します。

 

 

たとえば相続取得金額が

1,000万円だったら税額100万円
3,000万円だったら税額442.5万円
5,000万円だったら税額960万円

ですね。

 

4.相続対策にイチオシの生命保険

 

相続税を節税することができ、資産をのこしたい相手を指定することで効率的に相続対策ができる死亡保険を相続対策で活用しない手はありません!

なかでも一生を保障してくれる「変額保険」と一部の「外貨建保険」はおすすめです!

一般的な死亡保険と比べて保険料が割安なうえに運用によって設定した保険金額より多くのお金を遺族に残すことができますから♪

商品によっては数百万円、数千万円も設定した保険金額より多く受取れることがあります。

そしてさらに相続税も軽減できるんですから超お得ですよ!

 

 

 

The following two tabs change content below.

original life design

佐藤ひろ美。ファイナンシャルプランナー(AFP)・家計改善アドバイザー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立を実現するライフプランをサポート。キャッシュフローをもとにひとりひとりに合った運用対策を提案し、この先もずっと安心して暮らせるように家計を改善します。