『運用リスクとその原因』 これだけは知っておきたい!積立運用のきそ知識 vol.3

怖い怖い運用リスク・・・!

lll゚Д゚lllヒョエ~

 

だから資産運用なんてしない方が安全♪

今まではほとんどの人がそう思ってきたと思います。

 

でもその恐怖、知識がない、わからないから大っきくなってますよ。

投資信託って何かも

どんなリスクがあるのかも

どうやってリスクを避けるのかも

どの商品を選んだら良いのかも

わからないから。

だから怖いんだよぉーーーっ!?

『知らないこと』って無条件に怖いもん。

 

だから、一応リスクのことも知っておきましょ♡

1.資産運用のおもなリスク

主なリスクはこんなかんじ↓↓

①信用リスク
②価格変動リスク
③金利変動リスク
④カントリーリスク
⑤流動性リスク
➅為替リスク

それぞれかんたんに説明するね~♪

でも覚えなくて平気だよ~♪

①信用リスクとは

国や企業などが経営不振などの理由で利息や元本などを約束した条件で支払うことができなくなる可能性のこと。

②価格変動リスクとは

運用している資産の価値が変動すること。

③金利変動リスクとは

金利が変動することで運用益の増え方が上がったり下がったりしてしまう可能性のこと。

④カントリーリスクとは

投資対象国や地域が政治や経済の状況によって市場が混乱すると投資資産の価値が変動してしまう可能性のこと。

⑤流動性リスクとは

売買が極端に少なくなることで取引が成立せず、売りたいときに売れない可能性があること。

➅為替リスクとは

円に対する外貨の価値が変わることで外貨建資産の価値が変動する可能性のこと。

2.運用リスクの原因

これらのリスクって覚えておかなきゃいけないのかっていうと、ぜんぜん。

こんなリスクがあるんだなぁ~って思ってもらえればそれでOK☆

知っておくだけでも恐怖心って減るから。

 

しかもリスクが発生する理由はいろいろあって、プロでもわからないの。

その国の

失業率とか
貿易は黒字か赤字かとか
商品の価格変動とか
政策金利とか

その他にも首相の発言とか災害や疫病なんかも経済に影響しちゃうし。

どんなに優秀なトレーダーでも、ずぅっと何年も何年も勝ち続けるってムリ。

 

そのことを物語る有名なお話があるんだけど、

1990年代にメリウェザーっていう超優秀なトレーダーがいて、ノーベル経済学賞を受賞した人たちやらを集めてファンドを立ち上げたんだけど5年で破綻したっていう。

ドリームチームって言われて、世界各国から「運用してほしい!」って莫大なお金が集まってきたそうなんだけどね~。

そのくらい期待されてたトレーダーさんでもできなかった。

 

ということで、アマチュアには到底ムリ。

 

じゃぁ資産運用できないかっていうと、そんなことないから。

 

日経新聞とか経済ニュースも見ない

頑張るのは仕事だけ、子育てだけでじゅうぶん!

っていう人でも運用できる!

 

コツコツ積立運用が初心者さんに向いてるのは、リスクを分散させる運用方法だからです☆

『これだけは知ってほしい!積立運用のきそ知識』は誰でも安全に運用して生活を豊かにしていけるように!

という思いからシリーズでお届けしています。

運用が不可欠となってきた今の日本ですが、資産運用の知識がまったくないままはじめることこそ危険です。

 

 

 

ご質問、ご感想は

LINE@にお寄せください。

 

必ずお1人お1人に

お返事させていただきますね。

友だち追加

 

ただいまLINE公式アカウントでは

平日の朝は10秒で読める!

『お金が貯まる習慣&マメ知識』を配信中。

 

==========

・納得です!

・貯蓄の再認識ができました!ありがとうございます。

・ドキッとしました。資産形成しないとって思います。

・朝の配信、いつも楽しみに読んでます。

・朝のメッセージ、いつも楽しみにしてます。

==========

 

などなどたくさんのご感想や質問をいただいています。

 

 

――――――――――

Original Life Design
佐藤 ひろ美

HPトップ  
無料メール講座
セミナー
お問合せ&お申込 

――――――――――

 

 

 

The following two tabs change content below.

original life design

名前:佐藤ひろ美。保険を販売しない家計改善アドバイザー、ファイナンシャルプランナー(AFP)。米国NLPマスタープラクティショナー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。人生を豊かにするため、生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立をサポート。家計の問題点をチェックして、お金の使い方、資産運用、生命保険、働き方、心のあり方など、家計を総合的に改善します。