【がん保険ランキング (治療給付金)】2022年最新版 高額療養費控除に合わせるがん保険!オススメTOP5をピックアップ!

ムダなく安く!がん保険を準備したい、といったニーズに応えるがん保険が「ガン治療給付金保険」です。

 

60代以降の方でも2・3,000円で契約できますよ。

 

医療機関での治療を対象としていますから、ガンに伴うあらゆる出費に対応したいという方は診断一時金のがん保険ランキングも参考にされてくださいね。

【ガン保険ランキング(一時金)】2022年最新版 格安美品あり!オススメTOP5をピックアップ!

 

 

 

1.ガン保険 おすすめランキング!

 

商品によっては契約できないご年齢もありますからこちらでチェックしてみてくださいね。

 

がん保険の場合、契約後一般的に3ヶ月間は保障されませんからその点も踏まえておきましょう。

 

2.主契約の保障範囲

この5つの保険のうちメディケア生命をのぞいて、「ガンの治療どれかに該当した場合に月に1回給付金を受け取れますよ」という内容です。

 

多くの方の場合、高額療養費制度によって1ヶ月にかかる医療費は8万円~9万円ですから、その金額に合わせて月額給付金10万円に設定するパターンが多いです。

 

一方でメディケア生命はというと、各治療ごとに給付金を受取れる内容になっています。

 

 

3.付加できる主な特約

5つの保険のうちメディケア生命をのぞいては、月に1回のみ給付金が受取れるという内容ですから、「それでは足りない」というときには特約でカスタマイズしましょう。

 

がんの3大療法として多く行われているのが

 

・手術
・薬物療法
・放射線治療

 

です。

 

特約を準備するならこの辺は押さえておきたいですね。

 

 

とくに使い勝手の良いのががん診断一時金特約です。

 

一度にまとまったお金を受取れて、給付金の使い道は自由なのが便利!

 

1年に1回受取れるタイプがオススメです。

 

先進医療はどのがん保険でも付けられます。

 

が、がん保険の先進医療は「ガンの先進医療のみ」対象になる内容ですし、医療保険に先進医療特約がついているとしたらあえて付加する必要もないですね。

 

3.各社の保険料を比較!

シュミレーションはできるかぎり同じ条件でしています。

 

保険料が最低金額に満たない場合は料金を明示していません。

 

ほとんどのがん治療保険は、月払保険料が1,000円に満たないと契約できません。

 

もし最低保険料に満たない場合は不要な特約を付加するまえに、払込期間を短くして調整してくださいね。

 

月に1度の給付金のみの保障でじゅうぶんだとしたら、チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムZ」がダントツ保険料を抑えて契約することができます。

 

4.各社保険のおすすめポイント!

 

6.まとめ

選ぶべきがん治療保険は「1ヶ月にかかる医療費のみ保障できれば良い」のか、「治療ごとに給付金をもらって少しゆとりがあるくらいが良い」のかによって変わります。

 

一方で人によってはガン保険は不要という方もいらっしゃいますね。

 

現金・貯金や今後の家計の状態、ひとりひとりの価値観などによっても保険の要不要は変わりますから

 

かけ過ぎに注意しつつ、いざというときにはお金の不安を抱えることなく安心して治療を受けられるよう、保険以外の手段もあわせて整えておきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

original life design

佐藤ひろ美。ファイナンシャルプランナー(AFP)・家計改善アドバイザー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立を実現するライフプランをサポート。キャッシュフローをもとにひとりひとりに合った運用対策を提案し、この先もずっと安心して暮らせるように家計を改善します。