失業保険と厚生年金を同時に受取って老後ゆったり過ごすお得な方法

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

家計改善アドバイザー佐藤ひろ美です。

 

 

 

 

65才以降に失業保険を

受取るようにすると

老齢厚生年金ももらえるって

 

 

 

 

知っていましたか?

 

 

 

 

先日Aさんから

 

 

 

 

今まで一度も使ってこなかったから

64才で退職して

失業保険を使いたいんですけど・・・

 

 

 

 

っていうご相談をいただいたんですね。

 

 

 

 

そしてAさんは

 

 

 

 

65才から失業保険と厚生年金

どちらも受取りたい

 

 

 

 

と考えていらっしゃったんです。

 

 

 

 

そう、じつは

 

 

 

 

65才になるほんの少し手前で

退職をすると

 

 

 

 

失業保険と老齢厚生年金

どちらももらえるんです。

 

 

 

 

そして失業保険と老齢厚生年金を

お得に受取ることができる

ベストなタイミングは

 

 

 

 

64歳11か月で退職して

65才から失業保険受給開始!

 

 

 

 

です♪

 

 

 

 

その理由は5つあって

 

 

 

 

その1

 

 

65才未満だと失業保険か

特別支給の老齢厚生年金の

どちらかしか受取れない。

 

 

 

 

その2

 

 

64才で退職して

65才から失業保険を受取るようにすると

老齢厚生年金もいっしょに受取れる

 

 

 

 

その3

 

 

失業保険を受取れるのは

退職日の翌日から原則1年

 

 

 

 

その4

 

 

65才以降に退職して

 

失業保険の代わりにもらえる

高年齢求職者給付金は

 

失業保険よりも少ない

 

 

 

 

その5

 

 

ギリギリまで働くことで

労働で得られる収入もUPする

 

 

 

 

 

 

 

ということで

 

 

 

 

この5つを総合的に考えると

 

 

 

 

65才になるちょっとまえに

退職をして

 

 

 

 

65才以降に

 

 

 

 

失業保険と老齢厚生年金を

受取れるタイミングが有利!

 

 

 

 

なので

 

 

 

 

お金のことだけ考えるとしたら

 

 

 

 

64才11カ月で退職すると

ますますお得!

 

 

 

 

というわけです。

 

 

 

 

ちなみに “その4” について

もうちょっとお話すると、

 

 

 

 

65才以降に退職をすると

 

 

 

 

失業保険の代わりに

高年齢求職者給付金が

もらえるんですね。

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

老齢厚生年金ももらえます。

 

 

 

 

ただ・・・

 

 

 

 

高年齢求職者給付金は

失業保険よりも

 

 

 

 

少ないんです。

 

 

 

 

どのくらい少ないかというと

 

 

 

 

失業保険でもらえる金額は

退職前の平均給与の

90日・120日・150日分をもらえるのに(下表)

 

 

 

高年齢求職者給付金だったら

退職前の平均給与の

30日分か50日分ですから(下表)

 

 

 

その差は大きいですよね。

 

 

 

 

もしあなたが

 

 

 

 

65才頃に退職しようかな

って考えているとしたら

 

 

 

 

64才11か月で退職することも

ひとつの方法かもしれません。

 

 

 

 

もし失業保険と厚生年金どちらも受取れるとしたら

あなたは何にそのお金を活かしたいですか?

 

 

 

 

佐藤ひろ美

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

original life design

佐藤ひろ美。ファイナンシャルプランナー(AFP)・家計改善アドバイザー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立を実現するライフプランをサポート。キャッシュフローをもとにひとりひとりに合った運用対策を提案し、この先もずっと安心して暮らせるように家計を改善します。