節税効果が薄くなった法人保険 コロナ禍での経営悪化でも会社を維持する方法

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

ファイナンシャルプランナー

佐藤ひろ美です。

 

 

 

 

法人保険と言えば!

 

 

 

 

節税しながら役員退職金などを

積立てできる♪

 

 

 

 

ということで長きにわたり

ニーズがありましたけど

 

 

 

 

2019年に法改正されてから

そうもいかなくなりましたね。

 

 

 

 

その後も

 

 

 

 

せっかく企業努力して得た利益を

税金で失うなんてもったいない!

 

 

 

 

ということで

 

 

 

 

工場を新しく建てたり

ソーラーパネルに投資したり

航空機リースをしたり

 

 

 

 

各企業ごとに節税対策を

されていると思います。

 

 

 

 

ところが

 

 

 

 

今回のコロナで

 

 

 

 

法人の保険が「保険」として

見直されているのを知っていますか?

 

 

 

 

なぜなら

 

 

 

 

コロナの影響で多くの企業が

売上げを大きく落としてしまいましたけど

 

 

 

 

落ちてしまった売上は

設備投資や航空機リースでは

補てんすることができなかったからです。

 

 

 

 

設備は年々古くなりますから

投資した当初と同額で

売却するのは難しいですし

そもそも買い手がつかないこともあります。

 

 

 

 

航空機リースはコロナ禍で

飛行機に乗る人が極端に減って

一番大変なときに赤字計上のまま

利益を回収することはできませんでした。

 

 

 

 

もし今後、

 

 

 

 

売上げが大きくダウンするようなことが起きたとき

現金化できる方法があれば

経営を維持していくのに

心強いと思いませんか?

 

 

 

 

それができるのが

解約返戻金のある保険です。

 

 

 

 

今は損金算入部分が

かつてとくらべてかなり小さいので

 

 

 

 

うま味を感じにくいかもしれませんけど

 

 

 

 

現金化して使うことも

保険金として使うこともできる

メリットがあります。

 

 

 

 

経営が厳しくなったときに

現金として使えることもそうですけど

 

 

 

 

借り入れがあるとしたら

事業承継のまえに借入れを返済して

綺麗な状態で次世代に引継ぐこともできます。

 

 

 

 

もしとちゅうで社長が亡くなったときには

保険金で借入金返済ができますし

 

 

 

 

退職金として受取ることもできます。

 

 

 

 

設備投資や航空機リースに加えて

保険にも資産を分散して対策をする。

 

 

 

資産を分散すると

リスクを回避しやすくなります。

 

 

 

 

すると

 

 

 

 

経営を維持するだけでなく

 

 

 

 

会社の発展と売上げの拡大を

より目指しやすくなりそうですね。

 

 

 

 

佐藤ひろ美

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友だち追加

 

ただいまLINE公式アカウントでは

平日の朝は10秒で読める!

『お金が貯まる習慣&マメ知識』を配信中。

 

 

――――――――――

Original Life Design
佐藤 ひろ美

HPトップ  
無料メール講座
セミナー
お問合せ&お申込 

――――――――――

 

 

 

The following two tabs change content below.
original life design

original life design

名前:佐藤ひろ美。保険を販売しない家計改善アドバイザー、ファイナンシャルプランナー(AFP)。米国NLPマスタープラクティショナー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。人生を豊かにするため、生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立をサポート。家計の問題点をチェックして、お金の使い方、資産運用、生命保険、働き方、心のあり方など、家計を総合的に改善します。