【相続のお話】切出しにくい相続の話を親とニコニコ話せるようになる方法

 

親にどのくらい財産があるのかわからない

税金がいくらかかるのか・・・気になるけど相続の話を切り出せないでいる。

 

そんなあなたは

 

「相続って死んだ後の話だから、縁起が悪くて」

「財産目当てと思われそうで躊躇してしまう。」

 

と思っていませんか?

 

相続の話をスムーズに切出すにはコツがあります。

 

こちらでは嫌な気持ちにさせることなく親に相続の話を切出す方法をお伝えしますね。

 

 

 

こんにちは。相続コンサルタントの大谷香也子です。

 

親の相続は子どもにとって重大な心配事でも、親世代の方は

 

「自分が死んだ後の事だから関係ない」

「子供は仲がいいから喧嘩しない」

「そもそも財産なんてそんなにない」

 

と思っている方が多いです。

 

相続が発生すると、相続税の納付期限は被相続人の死亡を知ってから10ケ月以内

 

あわてて書類を集めて、相続人でどのように分けるか決めて、税金を計算して・・・と、沢山の時間と労力が必要です。

 

ましてや相続人同士の仲が悪い、連絡を取りにくい人がいる、認知症の人がいるなどでスムーズに進まないケースもあります。

 

「元気なうちに対策しておけばよかった」とならないように、事前に対策をしておくと安心です。

 

とは言え、相続の話、切り出しにくいですよね。

 

お互いに気持ちよく相続の話を進めていくにはまず!

 

ご両親への感謝の気持ちを伝える事。

 

そして「〇〇家のこれからの事、一緒に考えていきたい」と切り出します。

 

「両親の存在があるから今の自分がいる」と言われたら、嫌な気持ちにはなりませんよね。

 

少し照れくさいかもしれませんが、感謝の気持ちを伝えてくださいね。

 

それからエンディングノートを書く事をおすすめします。

 

「最近、エンディングノート流行ってるから書いてみない?」とプレゼントをすると良いかもしれません。

 

そしてあなたも一緒にエンディングノートを書いてみてください。

 

書いていくうちにコミュニケーションが生まれます。

 

実は円満な相続の為には、日ごろから家族とコミュニケーションをとっておくことが、一番の近道なんです。

 

ちなみに、私も、エンディングノートを書いています。

 

亡くなる順番は誰にもわかりませんから。

 

まずはご自身が書いてみる。

 

すると相続についてもっと話しやすくなりますよ。

 

 

 

The following two tabs change content below.

大谷香也子

大谷香也子(ラクレア代表)相続コンサルタント。「相続問題を誰に相談したらいいのかわからない」というお客様の、相続相談の最初の1歩となり、描く未来に向かってゴールまで寄り添う相続終活の専門家。どんな対策をしたら良いのかを中立的にご案内し、各対策の専門家につなぎます(初回相談無料)