「相続対策は外貨建保険ですべき」って本当?元手は小さく、大きいお金を相続するベストな方法

 

1.小さな元手でいちばん遺族にお金を残せる保険はどれ?

金融商品のなかで唯一相続税が優遇されるのが保険ですから、

 

相続対策に使わない手はない!のですが・・・

 

保険会社に行くとすすめられるのはおおよそ「外貨建保険」だったりします。

 

本当に外貨建保険がいちばん良いのでしょうか?

 

じつは・・・

 

2.相続対策に適している保険は3つあります!

一般的に「終身型」と言われる、保障が一生涯続く保険はすべて相続対策に適しています。

 

そしておもにつぎの3つの種類があるんです。

 

①円建保険

②外貨建保険

③変額保険

 

どれも適しているとはいえ、特徴が違うのでそれぞれをかんたんに説明しますね。

 

①【終身型】円建保険

 

 

ごく普通の終身保険です。

保険金は増えもせず、減りもしませんから、設定した保険金額を確実に受取ることができます。

 

ただし物価変動には対応できないので数十年先、「設定した保険金額では葬式も上げられない」なんてことになるかもしれません。

 

 

②【終身型】外貨建保険

 

 

円を外貨に換えて保険料を支払うことで、一生涯の保障を得られます。

 

外国債券などで運用するので円建てよりも金利が大きく、ある一定の時期を過ぎると払込んだ保険料よりも解約返戻金が大きくなります。

 

日本円と外貨を交換するときに発生する「為替差益」によって、より多くの保険金を遺族は受取ることができますが、そのタイミングの見定めが難しいところです。

 

 

③【終身型】変額保険

 

 

保障のある投資信託です。

 

保険料の一部を株式や債券で運用するので解約返戻金、保険金が増えたり減ったりします。

 

株式で運用するとリスクとリターンは大きくなり、外貨建よりも保険金・解約金の増加を期待できます。

 

*****

 

これら3つのなかで「増やして相続する」という一連の流れが1度の契約で完結できてしまうのが「終身型の変額保険」です。

 

3.これ1本で増やして相続対策!変額終身保険

終身型の変額保険は「保険」と「投資信託」がセットになっているので、一生涯の保障を得ながらお金を増やせる商品です。

 

そして契約後は亡くなるまで放っておけるのも助かります。

 

高齢になってからはちょっとしたことがものすごく面倒に感じたり、難しくなったりしがちですよね。

 

そうやって管理がおっくうになる頃、他の金融商品から乗換えたりする手間をかけずともしっかり資金準備できますよ。

 

4.変額保険(終身型)3つのメリット

保険商品に共通するメリットが「相続税の優遇」です。

 

ただし契約者、被保険者、保険金受取人がそれぞれ誰なのかによって相続時の税金の種類は変わるので気をつけてくださいね!

 

相続税について詳しく知りたい方はこちらからご覧いただけます。

【相続税】死亡保険金にかかる税金の種類と節税方法.

 

 

そのほかに!変額保険(終身型)のメリットは3つあります!

 

【メリット1】翌年から増えることはあっても減ることがナイ保険金

契約してすぐに200万円なら200万円、1,000万円だったら1,000万円、まとまった資金が準備できるのは保険ならでは!

 

なんですが、それだけじゃありません。

 

運用状況や設計内容にもよりますが、翌年からでも保険金額が増えるんです。

 

これは終身保険のなかでも変額保険だけですし、投資信託も敵わないメリットです♪

 

【メリット2】貨幣価値の変動(インフレリスク)に対応

「昭和30年には100万円で家が建った」という話を聞いたことがあります。

 

たしかにむかしと今を比べると物価はずいぶん上がりました。

 

ということは?

 

今は200万円であげられるお葬式も将来的には500万円じゃないとあげられなくなるかもしれません。

 

そんな物価の変動に対応できるのが保険のなかでも変額保険だけ、です。

 

【メリット3】運用しながら一生続く死亡保障

株式や債券でつみたて運用しながら一生保障がつづくって嬉しいと思いませんか?

 

時間を分散して投資するのでほったらかしでもリスクを抑えられますし、長く運用するほどお金も安定的に増えやすくなります。

 

安全により多くの保険金を遺族に残すことができますよ。

 

そして近年は長生きの時代ですね。

 

65歳以上でも6人に1人

80歳以上では2人に1人

 

認知症になっているんです。

参考:厚生労働科学研究費補助金認知症対策総合研究事業報告書より

 

年を重ねてからはほんのちょっとの手間がすごくおっくうだったり難しく感じたりしがちです。

 

そうなると「手間をかけて得られるお得」には正しく対応できないかもしれません。

 

でも変額保険(終身型)だったら、変更があるときだけ保険金受取人の指定を新たにするくらいで済みますから楽ですよ。

 

高齢になってからは「管理がかんたん」というのも重要なポイントです。

 

5.変額保険(終身型)デメリット

と、ここまでは良いことばかりお伝えしたのですが、注意しなければいけないことももちろんあります。

 

【デメリット①】生きている間に使うのなら投資信託にはかなわない

そもそも生きている間に解約してお金を使うのなら投資信託のパフォーマンスには適いません。

 

約50%のお金が運用されない「終身型」はもちろん、ユニットリンクやバリアブルライフなどの「有期型」もそうです。

 

かろうじて「年金型」であれば受取方法によって勝ることもできますけどよく理解していないと損します。

 

【デメリット②】数十年後には保険金さえ投資信託に負ける

もし亡くなったとき、変額保険だったらはじめのうちは投資信託よりも多く遺族にお金を残すことができます。

 

ところが数十年後には投資信託に負けるんです。

 

契約年齢や払込期間など、設計内容によっても変わるのですが逆転時期は契約後おおよそ20年から30年。

 

早いものだと10年たたないうちに逆転されます。

 

たとえば終身型の変額保険を終身払にした場合

 

30歳で契約すると60歳ごろから、60歳で契約すると80歳ごろから、投資信託が保険金を追い越して、より多く遺族にお金を残せるようになります。

 

6.遺族にもっとお金を残す方法とは!

ひとつの契約でお金を増やして相続対策できる終身型の変額保険は、管理がニガテな方にはおすすめの方法です。

 

ところが数十年後には保険金としても投資信託から負けてしまうという事実を考えると

 

若いうちの大きな保障は掛捨ての定期保険でできる限りお金をかけずに準備し、

 

同時に投資信託でギリギリまで運用して、「円建て」または「外貨建」の終身保険に一時払する方法が得策です。

 

すると相続時だけでなく、生きている間に使える資金も増えて、短期・中期・長期的に家計を豊かにすることができます。

 

あなたの状況にフィットしたお得な方法はこちらでわかります。

↓↓↓

 

 

 

The following two tabs change content below.

original life design

佐藤ひろ美。ファイナンシャルプランナー(AFP)・家計改善アドバイザー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立を実現するライフプランをサポート。キャッシュフローをもとにひとりひとりに合った運用対策を提案し、この先もずっと安心して暮らせるように家計を改善します。