つみたてNISAと一般NISAの口座を変更する方法!~だから初心者にはiDeCoがオススメです~

 

 

 

 

 

こんにちは。家計改善アドバイザーファイナンシャルプランナーの佐藤ひろ美です。

 

長期運用に慣れてきて「短期運用もしたいな」と思ったとき、ふと気づくかもしれません。

 

「つみたてNISAやってるから一般NISAできないやーーーん!」

 

そう。つみたてNISAと一般NISAは併用できないっていうことを・・・。

 

でも安心してください。

 

つみたてNISA → 一般NISA

一般NISA → つみたてNISA

 

というように口座を変更することはできるんです。

 

ただし、注意点があります。

 

こちらではつみたてNISAと一般NISA、口座を変更するときの注意点をお話しますね。

 

つみたてNISA、一般NISAの改正ポイントについてはこちらも参考にしてみてください。

2024年開始!「新NISA」はハイブリッド型!旧NISAとの違いを解説

 

1.つみたてNISA ⇔ 一般NISA 口座変更するときの注意点

 

つみたてNISAと一般NISAの口座を変更するのは意外と簡単です。

 

毎年変更してもOKです。

 

ただ、変更する時期が制限されてるのがややこしいイメージをあおってます。

 

・すぐに口座変更したい場合

 

つみたてNISA・一般NISA口座を開設している金融機関に連絡して、送られてくる手続き書類を返送すると変更できます。

 

ただし、すでに非課税枠をつかってつみたてNISAまたは一般NISAを購入しているとしたら、その年は別の口座に変更することはできなくなってしまうので要注意です。

 

・翌年から口座変更する場合

 

原則として、前年の10月~12月の間に変更手続きをします。

 

前年中に提出しなければいけない書類があるので、余裕をもって申込すると良さそうですね。

 

・他の金融機関に変更したい場合

 

変更しようとする年の9月末までに金融機関で変更手続きをしましょう。

 

すでに非課税枠をつかってつみたてNISAまたは一般NISAを購入しているとしたら、その年の10月以降にならないと変更できなくなってしまいますのでこちらも要注意です。

 

2.口座変更したいときには契約中の金融機関に問合せを

 

口座変更したいときには現在つみたてNISA・一般NISA口座を開設している金融機関に問合せてみてくださいね。

 

すると、手続きに必要な書類を取得することができますよ。

 

3.初心者にはイデコがオススメのワケ!

 

書類のやり取りで口座変更できるとはいえ、手続きの期間が9月や10月と中途半端なのもなんだかややこしくて難しく感じてしまいませんか?

 

長期運用に慣れてきて「そろそろ短期運用もしたいな~」と思ったとき、こういった手続きがものすごくわずらわしく感じます。

 

なので、運用資金に余裕のある方でしたらはじめの運用はイデコをおすすめします。

 

なぜならイデコはつみたてNISA、一般NISAと併用することができますから。

 

安全にお金を増やせるようになるにはまず「長期分散投資」で運用を学び、運用に慣れる。

 

そのときに最低掛け金5,000円で先にイデコで運用をする。

 

そしてその後!

 

長期運用を増やすにしろ短期運用にチャレンジするにしろ、イデコだったらつみたてNISAでも一般NISAでも、どちらでも好きなように選ぶことができますよ。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

original life design

佐藤ひろ美。ファイナンシャルプランナー(AFP)・家計改善アドバイザー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立を実現するライフプランをサポート。キャッシュフローをもとにひとりひとりに合った運用対策を提案し、この先もずっと安心して暮らせるように家計を改善します。