【積立・運用】スイッチングと資産配分の変更の違いは?わかりやすく説明します。

収入が変わって積極的な運用から安定的な運用に変えたくなったり、その逆のとき、または資産を確定させたいときなど時間とともに運用スタイルを変えたくなるもの。

そんなときの対処法に「スイッチング」と「資産構成割合の変更」があります。

混同して使われていることも多い2つの方法ですが、その違いを説明しますね。

1.スイッチングってなぁに?

スイッチングというのは「それまでかけていた商品を売って、そのお金でほかの商品に乗りかえること」を言います。

車を下取りして、そのお金で新しい車に乗り換えるのと似ています。

ちょっと違うのは、車だったらそのときに得るお金に上乗せしてほしい車を買いますが、この場合、下取りで得たお金の範囲内で新しい金融商品を買います。

<乗換えイメージ>

・スイッチングにかかる手数料

スイッチング手数料

投資信託Aの売却手数料と投資信託Bの買付手数料を合わせたもので、投資信託Aから投資信託Bにスイッチングするときにそのつどかかります。

たとえばスイッチング手数料率5%のとき乗換金額が100万円だとすると、手数料は5万円です。

2.資産構成割合の変更ってなぁに?

「資産構成割合の変更」というのは現在かけている金融商品の資産構成を変えることです。

商品を売却することなく、同じ商品内で完結します。

<資産配分の変更イメージ>

・資産構成割合の変更でかかる手数料

積立金移転費用

商品によって月1回または年間12回まで、または完全に無料というものもあります。

手数料が発生する場合はそのつど1,000円~2,000円程度ですが、ネットでは数百円だったりとかなり安く手続きできます。

3.できる対処法はそれぞれ違います

金融商品によって、資産の構成内容を変えるためにできる対処法は違います。

投資信託・・・スイッチング
iDeCo・・・スイッチング、資産配分の変更
つみたてNISA・・・資産配分の変更
変額保険・・・資産配分の変更

投資信託の資産構成内容を変えたいときはスイッチングをするんですが、すべての投資信託ができるわけではありません。

もしスイッチングできたとしても新しく買うことができる投資信託は商品ごとに決められています。

購入前にスイッチングできる商品なのか、どの投資信託と乗換えできるのかを確認すると良いと思います。

また、スイッチング手数料も元金に対していくらかかるのかチェックしておくと安心ですね。

資産配分の変更はひとつの商品で完結でき、手軽なのが魅力です。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
original life design

original life design

名前:佐藤博美。ファイナンシャルプランナー(AFP)。国内生保に1年と外資系生保に6年勤務。その経験を活かしてムリなくムダなくお金を増やしていくための積立や資産運用、安くてもちゃんと使える保険商品をご案内。お金に困ることのない穏やかな人生を送るための有益な情報を配信中!