子どもにどうやって教える?おこづかいから学べる『お金の使い方』とポイント

子どもを持つパパ&ママ

そしてこの記事を読んでいるあなたも、、

 

『お金』のこと、子どもにどうやって教えたらいいの?

一度は考えたことがある or これから考える

そんな問題のひとつですよネ。

結論からいうと、

『お金』のことを教えるには “おこづかい” がすごく効果的です☆

 

「なんとなくそんな気はしてるけど、でもおこづかいって…(。・д´・。)」

何歳からあげたらいいの?
いくらあげたらいいの?
どんなときあげたらいいの?
あげてからどうやってお金のこと教えるの?

ナドナドナドナド

(;´Д`)ドウシタライイノ…?

 

『?』がいっぱいになっちゃいますよね。

 

でもだいじょうぶ☆

とってもかんたんなPOINTさえおさえれば

『大人になってもお金に困らない習慣』を

身につけることができますよ☆

 

おこづかいのポイントはつぎの5つ↓

POINT① 小学校低学年からはじめる
POINT② 少額ずつを毎日あげる
POINT③ おやつを子どもに買わせる
POINT④ おやつ屋さんはパパママ
POINT⑤ 楽しくなるネーミングで工夫

 

少額ずつ毎日お金をもらうことで『手元にあるお金をどう使うか』を自分で考える習慣が身につきやすくなるんです。

たとえば毎日10円ずつもらうとします。

10円で買えるものには限界がありますよね。

本当に食べたいものが100円だったとしたら?

10日間貯めないと買えません。

 

そのときに

お金には限りがあること
ガマンをすること
買うものの優先順位
何もしないでお金は入ってこないこと
お金とのつき合い方
モノを大切にすること

本当にたくさんのことを感覚で学べるんです☆

 

もし1ヵ月分として300円を一気にもらうとしたら?

ある分をぜんぶ使っちゃうのが子どもちゃん。

 

そして良くも悪くも、幼いときにできた習慣は大人になっても活躍します。

 

子どもにはお金で苦労してほしくない!

だからこそどうやって子どもにお金のことを教えたらいいの?!

 

それを解決できるのが毎日のおこづかいです☆

 

小学生が身につけておきたいお金の使い方は

手元にあるお金が「足りるか 足りないか」

そしてどんな買物をすると「嬉しいか 嬉しくないか」

 

それが学べる毎日のおこづかい。

 

その内容をワークにしました。

個人でも受けていただくことができます。

講座情報は追って投稿しますね。.。:+*☆

 

関連記事

小学校の低学年から “おこづかい制” を取り入れるメリットは? 計画性が身につく “日割おこづかい” って? 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
original life design

original life design

名前:佐藤ひろ美。保険を販売しない家計改善アドバイザー、ファイナンシャルプランナー(AFP)。米国NLPマスタープラクティショナー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。人生を豊かにするため、生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立をサポート。家計の問題点をチェックして、お金の使い方、資産運用、生命保険、働き方、心のあり方など、家計を総合的に改善します。