公的年金は “積立” じゃない?! 年金に頼りすぎない老後の生き方

『老後2000万円足りない問題』

で炎上した公的年金。

 

とつぜんなんですけど、今まで、

「公的年金は積立ではありません。」

って言われたことor聞いたこと、ありませんか?

 

そうなんです。

じつはアレ、積立じゃなく、

「助け合いの制度」

なのデス。

 

「エッ?どゆこと??」

積立てだと思ってたのに?!

そうじゃない…?!

 

「エーーーッ?!Σ(;゚v゚ノ)ノ」

 

なんで??

おばあちゃんから

「積立てのつもりで年金はかけなさい」

って言われてたよ・・・。

 

それが

「積立てじゃない?!」

 

ビックリしますよね。

 

でも、

ウン。

たしかに、、

そうなんです。

 

なんでかというと

老後の生活の備えとして、

「みんなで支え合う」っていう制度なんですもん。

 

ということは『積立貯金』っていうより

どちらかというと『保険』です。

 

たとえば医療保険だったら?

 

病気のリスクに備えて

病気になったら給付金がもらえる。

 

でももし病気にならなかったとしたら?

 

それでも「良かったね♡」ってなりますよね。

 

「ずっと健康で良かった♡」と。。

 

公的年金もそれと似ていて、

「みんなで助け合いましょう」

っていう制度です。

 

なので、「かけ金が全額受けとれる」

っていうものじゃないのです。

 

状況によってはもらえる金額が

少なくなることもあるんです。

 

それがなんとなく理解できたら

 

「なるべく楽しく長生きするには・・・」

ということで

 

健康に気をつけよう、とか

長く楽しくつづけられる仕事を見つけよう、とか

少しは運用もしてみようかな、とか

 

なってきませんか??

 

そういえば!社会的にも

「健康促進」の動きになってたり

「働き方改革」だったり

「運用しましょう」って言われたりしてますよね!

 

 

どうせ長生きするならやっぱり楽しく生きたいから

健康な心と体と

少しの刺激と

ちょっと遊ぶくらいのお金が

バランス良くあった方がいいと思いませんか?

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

original life design

佐藤ひろ美。ファイナンシャルプランナー(AFP)・家計改善アドバイザー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立を実現するライフプランをサポート。キャッシュフローをもとにひとりひとりに合った運用対策を提案し、この先もずっと安心して暮らせるように家計を改善します。