受取人が亡くなった後の死亡保険、そのままになっていませんか?相続税から身を守るひと手間

死亡保険の保険金受取人には夫や妻(配偶者)を指定することが多いですよね。

でももし指定した保険金受取人が亡くなったとしたらどうなるんでしょ?

亡くなった人をそのまま保険金受取人にしていませんか?

 

そのときは相続人が子どもしかいなければ子どもに保険金が均等に振分けられます。

 

それだけきくと平等で良さそう♡

 

でもじつはそうとも言えないのですョ。

 

相続する財産の内容によっては、相続する人に金銭的な負担をかけてしまうことが!

 

たとえば不動産を相続させたとき。

その不動産の評価額が大きいと相続税も大きくなります。

ところがどんなに相続税の金額が大きくても相続税は “一括納付” が原則。

現金が手元になければ大変です。

しかも相続税の納入期限は被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10カ月以内。

 

相続税だけでも負担が重いのに

もし10カ月以内に申告しなければ “無申告加算税” が加算。

同じく10カ月以内に税金を支払わなければさらに “延滞税” も加算されます。

 

その結果、相続を放棄するしかなくなってしまうかもしれません。

もしそこに相続人が住んでいたとしたら、住む場所を失くしてしまうことだってあるんです。

 

そんな不幸がないように、死亡保険金受取人はしっかり定めておこうネ♡

なぜなら死亡保険金にはおトクな “税制優遇措置” がありますから☆

 

“法定相続人” 1人につき保険金500万円まで税金がかかりません。

“法定相続人” 2人だったら保険金1,000万円まで税金がかかりません。

“非課税財産” としてみなされます。

 

だから、相続財産に不動産などが多い場合は死亡保険が有効です。

その相続税をカバーするための保険金額をチェック&確保して、

保険金受取人も適切に指定しておくことが大事ですよ。.。:+*☆

 

【関連記事】

相続税から遺族の負担を軽くするには?死亡保険を有効活用(相続税とは)

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
original life design

original life design

名前:佐藤ひろ美。保険を販売しない家計改善アドバイザー、ファイナンシャルプランナー(AFP)。米国NLPマスタープラクティショナー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。人生を豊かにするため、生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立をサポート。家計の問題点をチェックして、お金の使い方、資産運用、生命保険、働き方、心のあり方など、家計を総合的に改善します。