生命保険で所得を控除するなら保険料〇万円まで!保険に入るよりも節税できるお得な方法も!

 

 

 

 

 

こんにちは。

家計改善アドバイザー佐藤ひろ美です。

 

 

年末調整の時期。

 

 

毎年この時期は

 

 

お金が戻ってくることに

ワクワクしながら

 

 

保険料控除証明書を

会社に提出するんですよね~♪

 

 

 

 

そしてその楽しみのために

 

 

保険に入るっていう方も

いらっしゃると思います。

 

 

シンプルに所得税・住民税を

節税したいっていう方もいれば

 

 

所得税率を下げたい

 

 

所得を下げて高等学校就学支援制度を受けたい

 

 

っていう方もいらっしゃいます。

 

 

いずれにせよ

 

 

税金を減らしたい!

家計の負担を減らしたい!

 

 

そして手取額を増やしたい!

 

 

でも同じような保険に

入りすぎても

 

 

受けられる保険料控除額には

限度があります。

 

 

2012年1月1日以降に契約した

保険に適応される

 

 

新制度の生命保険料控除では

 

 

*****

一般の生命保険

個人年金保険

介護保険

*****

 

 

3つそれぞれで生命保険料控除が

受けられるんですけど

 

 

所得税だったら

控除額がピークになる年間保険料は

8万円

 

 

住民税だったら

控除額がピークになる年間保険料は

5.6万円

 

 

です。

 

 

つまりどうゆうことかというと

 

 

すでに入っている保険や

これから契約しようとしている保険がぜんぶ

 

 

2012年1月1日以降に

契約したものだった場合

 

 

生命保険料控除を

ムダなく受けるなら

 

 

一般の生命保険も

個人値金保険も

介護保険も

 

 

それぞれ年間8万円をほんのちょっと

オーバーするくらいの保険料に

おさえると良いですよ~

 

 

ということなんですね。

 

 

とはいえ保険料控除を目当てに

不要な保険に入ったら

 

 

逆に損だった

 

 

っていうこともあるので

『総合的に判断すべし』

 

(*´・ω・`)b デスゥ♪

 

 

所得を下げて節税する方法は

生命保険以外にもたくさん

ありますから☆

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

original life design

佐藤ひろ美。ファイナンシャルプランナー(AFP)・家計改善アドバイザー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立を実現するライフプランをサポート。キャッシュフローをもとにひとりひとりに合った運用対策を提案し、この先もずっと安心して暮らせるように家計を改善します。