おこづかい制でも夫婦円満 ストレスFREEにお金を貯める4つのポイント

夫婦のおさいふ管理のしかたはイロイロ。

そのなかでもお金を貯めている夫婦に多いなぁと感じるのが

夫は “おこづかい制” というケースです。

 

でもじつはその制度、、

夫の不満がたまりやすい制度でもあるんです・・・

o(≧~≦)oウミュゥゥ!!

 

たとえば、

夫のおこづかいはなるべく少なく。
足りなくなったらそのつど申請してもらう。

っていう風にしてませんか?

 

「おこづかいが少ない」

それだけでもストレスなのに

そのつど申請するって想像してみて。

 

本人にとってはあなたが思ってる以上にストレス!!

 

かもしれません。

 

そのうえお金の話をされると

またおこづかい減らされるんじゃないか、
お金が足りない話を聞かされるんじゃないか、

ガクブル lll゚Д゚lll ガクブル

 

 

安心して会話ができずに夫婦の関係がギスギスしがち。

 

でも “おこづかい制” にすることで『お金が貯まりやすい』のもまた事実。

 

「じゃぁどうしたらいいのぉーーー?!」

 

ですよね。

 

じつは円満に “おこづかい制” を導入するには、いくつかポイントがあるんです☆

 

夫の “おこづかい制” 4つのPOINT

夫には感謝をこめて多めにおこづかい
おこづかいの使い道をチェックしない
これから必要なお金を数字で伝える
夫婦の貯金目標を共有

 

夫を上手に立てる。

これも大事なポイント♡

 

そして男性に家計の話をするとき、数字を見せると納得しやすいんです。

 

たとえば私の夫。

何にいくらお金を使ったとか、とやかく言われるのが大嫌い。

しかもあるだけお金を使っちゃう。

そんなこんなで私はイライラがたまっていき、、

 

「私は家計のこと考えてんのに、夫はぜんぜん考えてくんねぇじゃんっっ!」

 

「それならば!」ということで、ついつい夫を管理しはじめちゃうんですよね~。

それを窮屈に感じて夫もまたイライラ。

そして隠れて “コソコソ買う” っていう。

負のスパイラルの出来上がり。

 

それが、夫が使っていいお金は多めに渡して、使い道も自由にさせてると

ずいぶん変わります。.。:+*☆

意外ですか?

でも本当のお話。

 

もちろん個人差もあると思いますが、

お金を貯められているご夫婦からお話を聞いていくと、多めにおこづかいを渡していて、使い道も自由っていう共通点があるんです!

 

すると夫は何を買ったかを嬉しそうに話したりして夫婦の会話が増えます。

とくに趣味のものを買うとご機嫌ですよ~♪

仕事のモチベーションがグンと上がるのがわかります。

そのおかげで収入アップすることだってあるんです。

 

でもこれだけだと欲しいものをどんどん買っちゃうクセを直そうとしません。

 

そこで

「現状のままだと将来こうなるよ」

っていうことを数字で伝えるんです。

でもなるべくシンプルにね☆

そうしてやっと危機感を持ってもらうことに成功です!

 

それから

「こうゆう方法で貯金すると将来こんなに良くなるよぉ~♪」

と、ここで目標と改善したときのHAPPYなイメージもしっかり伝えます。

先に危機感を共有。

それから目標も共有できるといよいよ協力してくれるようになるんです☆

 

 

夫婦のお金のこと、自分だけで背負っていませんか?

 

何が問題なのかわからない…!

けど、毎月赤字だし、

だんなのおこづかい減らそうかな・・・。

 

その前に☆

できることがありそうですよ♪

家計にゆとりで夫婦円満!したい方はメニューから “家計改善コンサルティング” をご覧くださいね(*^-^*)

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
original life design

original life design

名前:佐藤博美。ファイナンシャルプランナー(AFP)。国内生保に1年と外資系生保に6年勤務。その経験を活かしてムリなくムダなくお金を増やしていくための積立や資産運用、安くてもちゃんと使える保険商品をご案内。お金に困ることのない穏やかな人生を送るための有益な情報を配信中!