【生活習慣病保険ランキング】2021年最新版 保障が充実の「掛捨型」とお金が貯まる「積立型」各3社をピックアップ!

ここでは円建ての「掛捨型」・「積立型」生活習慣病保険をそれぞれランキング~♪

「掛捨型」は保障内容が豊かなので、各社で違う特約の内容をチェック!

「積立型」の保障内容は大きく変わらないので保険料と解約返戻率がポイントです!

ここでは “保障内容” と “保険料” を比較してチェックしますね☆

 

1.【掛捨型】生活習慣病保険 おすすめランキング!

 

保障内容はどれも素晴らしぃです!

生活習慣病の保険で気をつけたいのが、ガン以外の保障です。

どうなったときに保険金が下りるのか、チェックしてくださいね。

 

・各商品の保障範囲

・各社の保険料を比較!

シュミレーションはできるかぎり同じ条件でしています。

 

 

保険料の安さもネオファースト生命がピカイチ☆

 

各社のおすすめポイント!

 

 

1位 ネオファースト生命 ネオdeからだエール

まずは保険料が安い!

更新型と聞くと保険料が高くなるイメージですけど、こちらは更新するたびに保険料が安くなるイメージです。

“実年齢” ではなく “健康年齢” で保険料が設定されるので、健康に自信のある人はとくにおトクですよ♬

どの生活習慣病も日帰り入院で給付金が出ます。

しかも各病気に対して1年に1回無制限!

保障範囲も広いですよ~♪

今のところ悪い点が見つからない強気の保険です!

 

 

2位 メディケア生命 メディフィットPlus

ほかと違って最初だけ多く給付金を受取ることもできちゃう

入院準備のときはバスタオルとかパジャマとかその他モロモロ、、かかりますよね。

「通常の給付金は50万円で良いけど、初回だけ10万円多くもらいたい」っていうようなかんじで、自分のニーズに合わせた細かい設定もできるのがNICEです♪

ちょっと気になるのが保険料

高メですねーーー。

国内にある「生活習慣病保険」全体で見るとそうでもないんですけど、TOP3で比較するとワル目立ちしちゃってます。

 

 

 

3位 朝日生命 スマイルセブンSUPER

各病気ごとに1年に1回、無制限に給付金!

という点は1位・2位と同じです。

この点だけでもすごいんですけど、保険料も安いので魅力は満載です!

ただし、、契約できる金融機関が狭く、しかも保険会社としての財務力には一抹の不安を感じざるをえません・・・。

 

 

 

2.【積立型】生活習慣病保険 おすすめランキング!

円建の「生活習慣病保険」で解約返戻金のある商品4社をピックアップしますね♪

4社のうち3社は「終身型」のほかに「定期型」も持合わせています。

が、ここではあくまで “解約返戻金” のある「終身型」をランキングしています。

 

1位 ネオファースト生命「ネオdeとりお」

2位 ソニー生命「リビングベネフィット20」

3位 オリックス生命「特定疾病保険With」

4位 SOMPOひまわり生命「特定疾病保障保険」

 

とさせていただきました☆

 

その理由は保障内容にあります!

 

・保障内容を比較!

1位のネオファースト生命は心筋梗塞・脳卒中になったときは30日の制限でOK!

そしてさらに上皮内ガンの保障もつけられます。

 

 

2位のソニー生命「リビングベネフィット」の「生活保障型」のプランは就業不能になりうる要介護2以上の状態になったときにも保障されますよ。

 

そして3位と4位の保障内容は同じ。

ですけど保険料にわずかに差が・・・。

 

・各社の保険料を比較!

契約条件はほぼ同じにしています。

でもソニー生命だけ高いのは「払込期間60歳」としたときの保険料だからなのであしからず。

 

 

1位のネオファースト生命よりも3位、4位のほうが保険料的には安いんですね。

ただしネオファースト生命は保障内容が良い!そのうえ1年間タバコを吸っていない人はほとんどの年代で安くなります☆

 

3.掛捨て型 or 積立型、どっちがおすすめ?

 

“掛捨て型” がおすすめのひと

「生活習慣病の保障は死亡保障とは別にしっかり準備したい」「どの生活習慣病にもそのつど対応できる保障がほしい」という方は “掛捨て型” がおすすめです。

 

“積立型” がおすすめのひと

一方で「使わなかったとき、払込んだ保険料がもったいない」「将来、現金として使うことも考えたい」という方や

3大疾病のうちどれか一つの病気が心配で、もし罹患したときには「医療費以外にも生活資金などに使えるようにまとまったお金がほしい」

という方には “積立型” がおすすめです。

 

ニーズによって選ぶべき商品タイプは変わってくるので、まずは自分のニーズをチェックしましょう☆

 

4.生活習慣病保険は法人の節税にもおすすめ!

ガンや3大疾病などの生活習慣病を保障する保険では解約返戻金がある場合でも全額損金計上できるケースがあります。

いくつか条件があるものの、役員や従業員の退職金準備もしつつ全額損金処理できるとしたら最高ですよね。

これは「30万円特例」と言われるものです。

詳しくはこちらからご覧いただけます。

1人あたり60万円まで全額損金処理できる!生命保険の活用法

 

5.生活習慣病保険のチェックポイント

とくに生活習慣病の保険は保険会社によって給付条件がまるで違います。

「給付金が出ると思ったのに出なかった」ということにならないように、給付金は「どんな状態になったときに出るのか」「何年ごとに受取れるのか」などもチェックしましょう☆

また、保険料については一見すると安いようでも特約を付加したり年齢によっては他社よりも高くなってしまうこともあります。

より良い商品を選ぶためには、あなたの年齢であなたが必要とする保障を付加した設計書で複数社比較しましょうね☆

そして将来解約して現金として使う予定がある人は “積立型” の解約返戻率も要チェックです☆

 

 


 

 

 

The following two tabs change content below.

original life design

佐藤ひろ美。ファイナンシャルプランナー(AFP)・家計改善アドバイザー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立を実現するライフプランをサポート。キャッシュフローをもとにひとりひとりに合った運用対策を提案し、この先もずっと安心して暮らせるように家計を改善します。