【コロナウィルス】アルバイト収入が激減してしまった学生への学生支援緊急給付金

コロナウィルスの影響でアルバイト収入が激減してしまった学生たちにも救済措置が取られています。

 

先に紹介していた

高等教育の修学支援新制度
貸与型奨学金

は親の収入減少によって就学や進学が困難になった学生への措置です。

詳しくはこちら↓↓
【コロナウィルス】修学や進学あきらめたくない!授業料の免除や給食費などの支給制度

 

それとは別に、とくに家庭から自立した学生に向けて『学生支援緊急給付金』が令和2年5月19日に閣議決定されました。

受けつけはすでに開始しています。

その後の未来まであきらめてしまうことのないように、できる限りの支援を活用していきましょう!

 

 

1.対象となる学生は約43万人

国公私立大学(大学院含む)・短大・高専・専門学校生。

※留学生を含む
※日本語教育機関を含む

家庭から自立してアルバイト収入で学費などを支払っている学生等で

今回の新型コロナウイルスの影響でアルバイト収入が激減し

大学等での修学をつづけることが困難になっている学生が対象です。

 

ただし、最終的には大学側が学生の自己申告状況などに基づいて総合的に判断することとされています。

2.給付される金額

住民税非課税世帯の学生:20万円
上記以外の学生:10万円

3.問合せ先

在籍している学校

4.支援対象となる学生の要件

3つの項目で要件を満たしたうえで大学等が必要性があると認めた学生が給付金を受けることができます。

(1)家庭から自立してアルバイト収入で学費をまかなっていること

(2)新型コロナウイルスの影響で、アルバイト収入が50%以上減少していること

(3)既存の支援制度と連携を図り、長期的な視点からも「学びの継続」の確保を図っていること

詳しくはこちらをクリック↓

 

<学生支援緊急給付金 閣議後公表資料>

5.そのほかの支援

独自に給付金を出している大学などもあります。

まずは通っている学校や教育委員会にどんな支援があるのかをしっかり確認してみてください。

ネットでは探せない支援情報もあるかもしれません。

 

厚生労働省のHPにある『生活を支えるための支援のご案内』では

コロナウィルスによって収入が減ってしまったときに受けられる支援をまとめてチェックできます!

ぜひお役立てください。

こちらをクリック↓

参考:厚生労働省HP『生活を支えるための支援のご案内』

 

こちらも参考にしてくださいね↓↓

【関連記事】
コロナウィルス関連の生活支援

 

 

コロナウィルスの話題を

日本でも耳にしはじめたのは

2月10日頃のこと。

6月になった今

緊急事態宣言こそ解除されたものの

あらたに経済の緊張が増しています。

今となっては命の危険よりも

生活を維持できないかもしれない状況に

不安を抱えている人の方が

多いのではないでしょうか。

こんなとき

受けられる支援を

知っているのと知らないのとでは

大きな違いです。

支援を知っていれば

活用することができて

生活への影響を抑えられます。

お金の不安が少しでも解消されると

今やるべきことやこれからのことを

落ち着いて考えられるようになったり

不要なイラ立ちから解放されて

家族にも優しくなれたり

気持ちによゆうが生まれます。

いつ収束するかわからないこの状況に

不安を感じないといったらウソですが

今を乗り越えていくために

できることはしたいですよね!

前を向いて今を過ごした先にあるのは

明るい未来!

そう信じて

この時期を一緒に乗り越えていきましょう!

 

 

【関連記事】
あなたの不安を吐き出してください。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
original life design

original life design

名前:佐藤ひろ美。保険を販売しない家計改善アドバイザー、ファイナンシャルプランナー(AFP)。米国NLPマスタープラクティショナー。 栃木県宇都宮市を拠点に活動。人生を豊かにするため、生きていくうえで必要なお金と、精神的豊かさの両立をサポート。家計の問題点をチェックして、お金の使い方、資産運用、生命保険、働き方、心のあり方など、家計を総合的に改善します。